日本におけるゴシック様式

デザインガレージの石原朋子です。
先日、休暇をいただいて天草から長崎を旅してきました。雄大な自然と美しい海、教会群などをゆっくり観てまわり、温かい人々や天気にも恵まれて充実した旅となりました。

f0264759_14243126.jpg中でも建築では天草の崎津天主堂(写真右)と、長崎の大浦天主堂(国宝、正式名称は『日本二十六聖殉教者天主堂』)が深く印象に残りました。
崎津天主堂は小さな漁村にある畳敷きの教会。さすがに現在は床座がつらい方も多いのか、畳の上に椅子が並べてありましたが... 集落はこじんまりとした雰囲気があり、裏の小高い丘に登ると素晴らしい眺めを一望できます。
大浦天主堂はご存知の方も多いことでしょう。詳しい説明は公式サイトにお任せするとして...

f0264759_14452346.jpg不思議だったのは、特に大浦天主堂で木材による内装がとても自然に感じられたこと(写真左、教会HPより)。建物規模や装飾の各寸法に、石造とはまた違った、威圧感のない良い意味での繊細さが感じられ、それでいて全体はやはりゴシック様式なのです。とってつけたような強引なデザインだったり、ただの真似という印象でなく、なんとも言えずしっくりきて、こんなことができるんだ!と静かに驚いたのでした。ちなみに構造はレンガ造だそうです。

実は以前ある仕事の依頼で、木材による"ゴシック的なるもの"に挑戦したことがあったのですが、ゴシックを勉強すればするほど、素材(石)と構造技術と装飾が切り離すことのできない一体化したものに感じられ、数年考え抜いたあげく、ただ表層的に…"ゴシック風に"…デザインすることに困難を感じてお断りした経験がありました。

レンガ造であることにもしっくりきた訳がありそうですが、それだけでなくもっと全体的な要因があるような気がします。今後具体的に追求していきたいと思います。
それにしても約250年、約7世代にわたって信仰を伝えてきたその精神力には敬服です。
# by ai-labo | 2013-08-14 15:03 | 石原 朋子 | Comments(0)

1年点検

f0264759_2322390.jpg

いろは設計室・橋垣史子です。
先日、昨年お引渡しをした家の1年点検に伺ってきました。

自然素材でつくった家では特に木材の乾燥や割れや左官壁の割れなどが出ることもありますが、今回の家では特に大きな問題のあるところはなく、むしろ経年変化でずっといい雰囲気になっていました。

完成してから1年後、どうなっているか気になることのひとつが、ムクの床板の乾燥についてです。
床暖房を入れているので、その熱の影響を受けて乾燥しすぎ、板と板の隙間が大きくあいてしまっていないかどうかが少々心配。
今回の家では杉の床板を張ったのですが、全く問題なくホッとしました。
(材料の選び方だけではなく、張る時の加減や工夫が大きく関係していると思います。)

久しぶりに建主さんにお会いしてお話したり、ぐんぐん成長してるお子さんの様子を拝見したり、とっても楽しい時間でした。
# by ai-labo | 2013-08-11 23:00 | 橋垣 史子 | Comments(0)

カーネーション

d0267149_16134448.jpg
こんにちは。平間です。
先日、100本超のカーネーションが届きました。
長野県の諏訪でカーネーション農家を営む従弟が、
育てた花を送ってくれたのです。
茎が長くてこの本数だとかなりの重量です。
これほどの花の束を手にしたことは残念ながら経験がありません。
(写真を撮っておけばよかったのです。。。お裾分けしてしまいました。)
普段、カーネーションは5月の母の日以外はあまり目にすることがなかったのですが、こうしてみるといろいろな色があったり品種もたくさんあり、なかなか素敵です。事務所が華やかになりました。
秋になると本番という感じで素敵な色・品種のものがもっと出るようで今から楽しみです。
数年前に起業して、一からカーネーションづくりを始めた従弟。
心から応援しています。近々、畑仕事をさせてもらいに行こうと思っていますので、またこちらで記事をアップできればと思っています。
d0267149_1438185.jpg






# by ai-labo | 2013-08-07 23:58 | 平間 千恵子 | Comments(0)

模型教室 家を作ろう

城丸です。

今月 8月24日(土)に
「あいらぼ」による記念すべき第1回のワークショップ
模型教室 家をつくろう を行います。

模型教室を通して、ものづくりの楽しさを感じてもらい、
創造力を育む機会になってくれたらという願いを込め
4人の建築家が企画しました。

親子の夏の思い出に。
f0264759_8472021.gif

# by ai-labo | 2013-08-01 09:02 | 城丸 智也 | Comments(0)

陸前高田フラワーロード花植えツアー

西尾です、3回目の投稿となります。
今月最初の週末、「陸前高田フラワーロード花植えツアー」に参加してきました、その様子を報告します。
ちょっと長いですがよかったらお付き合いください。
c0124100_16144025.jpg
c0124100_16164990.jpg
車の行き来の激しい道路沿いに地元のおばちゃんたちと夏から秋に向けての苗を植えこみました。 農業に携わってきたおばちゃんたちさすが手早く植え込んでゆきます。
私の作業では恥ずかしくって手伝いに来たなんて言えるものではありません。
c0124100_1617059.jpg
休憩中の参加メンバーと地元のおばちゃんたち・・・
c0124100_16174819.jpg
c0124100_16175768.jpg震災から2年が過ぎて、植物の生長に触れることを通して やっと前へ踏み出し始めているているように感じました。








津波でねじり切れた外灯の跡にも、花が植えられていましたよ。
c0124100_16175614.jpg
防潮堤の工事も急ピッチで進められているようでした。
毎日、海の変化を見ながら暮らしているからこそ何かあった時に出来る判断も、防潮堤で海が見えなくなってしまうことが果たして安全と言えるのかどうか。。。
そんな話も聞きました。
c0124100_1618327.jpg
山の上まで造成が進んでいます。
c0124100_161884.jpg
c0124100_16181753.jpgこの町だけでも相当数のユンボが集まっているんでしょうね。
午後も復興ガーデンを訪れ作業をしたりと、ハードスケジュールでした。
その途中、震災後作られたコミュニティ・カフェ 「りくカフェ」に寄りました。

c0124100_17105852.jpg ” 医療と商店がなければ人は離れていく”

そんな思いから、医院保有の高台の土地に医院と歯医者さん、薬局が震災直後に仮設で開業、その敷地の一角に「みんなが気軽に立ち寄れるリビングのような場所」を目指してつくられたコミュニティカフェが「りくカフェ」です。
市民の力で立ち上がった「陸前高田まちのリビングプロジェクト」の一環です。
この「りくカフェ」も仮設店舗で営業をしながら徐々にそれらの施設とともに本設に移行してゆく計画。
設計は東京大学の成瀬助教授、住友林業の協力のもと建てられました。

りくカフェに、関する記事のほんの一部 ↓
東北電力のサイト
jiku powered by AXIS Magazine のサイト
アーカイブ → 「復興に向かうためのデザイン」 → 第3回 陸前高田まちのリビングプロジェクト「りくカフェ」 で検索 

c0124100_17113621.jpg内部 訪れた方々の書き込みが。。。
c0124100_1712225.jpg施設やカフェで囲まれた中庭の花壇。

地元の方たちと共に手がけているのは、千葉大学の園芸学部の学生さんたちです。

何度も足を運んでコミュニケーションを築きつつ…出来上がった花壇です。
震災前とは いろいろなものごとが欠けてしまっている そんな現実を受けとめながらも・・・
黙々と植物に向き合って花や緑の変化してゆく様子を力に歩き始めている・・・そんな陸前高田の人々に静かに感動しつつ。。。
あっという間の2日間でした。

詳しい記事を3回に分けて「雑木林の家から-nishio」で綴っています。
2013.07.28. 「陸前高田フラワーロード」
2013.07.29. 「りくカフェ」
2013.07.30. 「復興ガーデン」
# by ai-labo | 2013-07-29 10:00 | 西尾 春美 | Comments(0)