カテゴリ:松本 翔平( 51 )

着火

f0264759_07295682.jpeg

少し前の話ですが、つむじの薪ストーブを着火してみました。
東京ストーブさんの教えに習ったつもりが、着火時に黒煙がモクモクでてしまい焦りました。
つむじのスタッフさん曰く、初めはたきつけようの端材を燃やして温度を徐々に上げて、ある程度のところで大きな薪をいれると良いとのこと。つむじの薪ストーブは小さめなので、また違ったノウハウが必要でした。
着火して300℃を超えると安定した暖かさを得られました。


f0264759_07442295.jpeg





by ai-labo | 2018-03-28 07:28 | 松本 翔平 | Comments(0)

音楽と読書を楽しむ家 ②

f0264759_14565020.jpeg
音楽と読書の家ついに完成です。
南側の景観を取り込み、薪ストーブ、ピアノをたのしめるリビングが魅力的です。
いくつか写真をアップいたします。
f0264759_15001776.jpeg
ピアノはリビングの一角に置き生活の一部としたいということでしたので
4帖ほどのコーナーをつくりました。サイドには本棚を設けて、楽譜などを収納できるようにしています。
f0264759_15005193.jpeg
薪ストーブの耐熱壁を今回はタイルなどを上からはるのではなく壁をふかして
表面は薩摩中霧島壁で仕上げています。
ふかした分の壁厚を利用して障子を入れこんでみました
f0264759_15012046.jpeg
2階のホールです。6帖ほどの広さがあり、趣味とトレーニングに使用する予定の空間です。
小屋裏収納へも階段で上がれるようにしています。
2階は洗濯動線を1フロアにまとめたいという要望からサニタリーと衣類収納、物干スペースがまとまっています。

今週末(2/17.18)に見学会を行います。
薪ストーブの
ご興味のある方はお気軽にご参加ください。





by ai-labo | 2018-02-14 15:21 | 松本 翔平 | Comments(0)

音楽と読書を楽しむ家

f0264759_00005303.jpg

2月に見学会を開催するお家の工事中の写真です。
壁や天井に石膏ボードを貼り終えた頃のもので、この段階になると空間がわかりやすくなり、完成のイメージが深まってきます。
南側の全開口サッシは道路の向こうの街路樹や用水路の穏やかな風景を室内に取り込みます。
窓辺はソファスペースにしていて、薪ストーブや読書や音楽を楽しめる特等席にしています。

2月17日18日の見学会では薪ストーブやピアノが入った様子もご覧いただける予定です。

完成写真も追い追いアップいたします。
乞うご期待。


相羽建設

by ai-labo | 2018-01-23 23:43 | 松本 翔平 | Comments(0)

木と技巧

f0264759_17583686.jpg

”角材を直角に組む” ただそれだけのことですが、数寄屋の世界ともなると単純にはいきません

f0264759_18064464.jpg

強度を考え、伸縮した時にも透かないようにと考えられた加工のよう
右の材のほんの少しの返しは、落としでもしたら台無しになってしまいそうなくらい繊細です

ミニマルな空間表現の裏側にこそ物凄い技巧がかくされている
まさに God is the detail  です。




■ 食と手しごとのマルシェ「つむじ市」
■ 「日の台の家」見学会


by ai-labo | 2018-01-08 18:57 | 松本 翔平 | Comments(0)

模型

f0264759_08410765.jpeg
木造ドミノ住宅の模型を作製しました。
むさしのiタウンと同じ40坪タイプです。
トンガリの部分を内側へ910オフセットすると緩勾配部分が強調されておおらかな印象になります。
プランの打合せも大詰め。
楽しんでいきたいと思います。


炎のある暮らし
身近な和紙で包んで、贈る
家づくり学校

by ai-labo | 2017-12-12 08:53 | 松本 翔平 | Comments(0)

ラ コリーナ

f0264759_22051227.jpg

三角屋根が連なる中に異質なぬぼっとしたボリューム。
紅葉混じりの山に似ているような、集落を襲いにきた化け物のような、怪しさと可愛さが入り混じった風景でした。
作りたてのどら焼きやバームクーヘンも食べれます。とても楽しい場所なのでお近くへお越しの際は一見の価値ありです!



by ai-labo | 2017-12-04 21:57 | 松本 翔平 | Comments(0)

法被

f0264759_10575253.jpg
オリジナルな法被とは、建設会社独自ではないでしょうか。
上棟式のときに使うことが多く、羽織るとお祭り気分が増幅したり、気持ちが高ぶり飲みすぎてしまったりといった効果があります。
使用後はしっかりと干していますのでご安心ください。


by ai-labo | 2017-11-05 10:56 | 松本 翔平 | Comments(0)

湖畔にて

f0264759_21551495.jpg

お盆休みは雨が心配される中とある山へといきました。
天気は予想通り不安定でしたが、やまなかにある灰白色の霞みがかった湖は絵画的で絵の中に吸い込まれたような不思議な感覚を味わえました
ここではカヤックに乗ることができるのですが
今回は残念ながらおあずけでした
またいつか幻想的な水面を漂いに訪れたいと思います


by ai-labo | 2017-08-24 10:29 | 松本 翔平 | Comments(0)

線路脇

f0264759_19404928.jpg

線路といっても車両基地の脇に建つ家を担当しました。
この車両基地はあまり電車が通らないので、線路というよりは広大な空地です。これが南側にあるため採光通風共に文句のない環境です。しかし立ち入り禁止のため遊び場にはできなさそうです。
清々した環境が好きな方には穴場かもしれません。
工事の際は鉄道会社と事前協議が必要な場合がありますのでご注意ください。



by ai-labo | 2017-06-29 12:36 | 松本 翔平 | Comments(0)

千切り

f0264759_14501289.jpg
とあるお家の一枚板のテーブルと触角のような突起が不思議な印象の椅子。
テーブルは真っ二つになってしまいそうなほどのスリットが入っていましたが、それを留める蝶々型とくねくねとした溝がアクセントになっていました。
この蝶々型は千切りといい、割れや節といったものを補修する技法です。
金継ぎと似て、補修することで二つと無い表情を作りだせるのが魅力的です。
しろうとでもできるものでしょうか。いずれ挑戦したいことの一つです。


by ai-labo | 2017-06-14 16:40 | 松本 翔平 | Comments(0)