日頃の無垢フローリング

こんにちは。
設計部の藤村です。
今日はとてもいい天気!家の中より外へ出ると気持ちよさそうですね
さて無垢フローリング、
一年ほどお住まいになったお客様宅へ伺うと、色もつやも味が出てきていました。
新築工事中の当時、施工したフローリングは、木の表面から内部へ浸透する天然のオイルが塗られています。木の表面をしっとりとさせ、木本来の質感が出るもので、コーティングはしないものになっています。
お住まいになられると、だんだん傷もついたり日当たりなど色の違いが出てきたりし、自然塗装がうすくなってきます。

日頃のお手入れは、というと、
①床を拭く場合は、乾いた雑巾で拭く
②板の間のゴミは、掃除機で取り除けなかった分は、つまようじなどで取り除く
その他のフローリングと同じで汚れをためないで落とすこと。

また、大掃除では、
①掃除機でゴミを取り、固く絞った雑巾で拭く
②自然塗装のメーカーが販売している専用のクリーナーで汚れを落とす。
③最後に乾いた雑巾で乾拭き

こうしてまた自然塗装が施されて、あたたかな床になっていきます。
モデルハウスでは、実際に歩いた感触や印象を体感いただけます。
相羽建設では、パイン材や杉材によって塗装をオスモワックスと蜜蝋に分けているので、
内容はほぼ同じですが、それぞれのお手入れ道具を分けておススメしております。
住まい手さんには一年点検の際にお渡ししている、お手入れレシピに掲載していますので、チェックしてみてください。

また、お住まいでなかったとしても、相羽建設のアプリにお手入れレシピも追加されていきますので、お楽しみに!
相羽建設アプリダウンロードはコチラ↓
f0264759_12175217.jpg
あいばの不動産-まちづくり、ひとつなぎ-


by ai-labo | 2017-04-23 12:32 | Comments(0)