『おおきなきがほしい』

西尾です。
夏休み最初の連休、いかがお過ごしでしたか?
私はというと…ジャングルとなりそうな庭を眺めつつ、板の間でうたた寝などに高じていたりしました。
今回も古い記事からそんな風景を思い出し、転載いたします。

2007年08月13日の記事です。

ぼーっと風に揺れる外の木々を眺めていたら懐かしい本を
おもいだした。


Amazonで検索してみたら、まだ売っていました…
1971年に発売され、それから40年以上たった今でも愛されている絵本です。 懐かしくなって82年に買った時すでに54刷…(現在100刷を超えているようです) ¥780だった本が今は¥1080となりました。

5才~8才向けのこの絵本を、小学校の図書館で何度も読み返したものです。
木の上に家があったらなぁ…
主人公のかおる君と夢を共有していました。
c0124100_2341719.jpgぶん:さとうさとる/え:むらかみつとむ

c0124100_8281967.jpg

c0124100_8291735.jpg

c0124100_830222.jpg

絵本を縦にして…ページをめくるごとにかおる君の想像する木の上の家へと どんどん案内され家に入ってゆきます。
佐藤さとるさんの文に村上勉さんのこの絵の構成に引き込まれます。

最近流行のツリーハウスに関する本っていろいろ出ているようですが、今も昔も子供の頃の憧れとして根強いあつい思いが伝わってきます。

作家の佐藤さとるさんは、工業高校の建築科を出ていたとおもいます。(略歴に 「関東学院大学(旧工業専門学校)工学部建築科卒」 とありました。)この具体的な想像の詳細は、その経験が生きているのかもしれません。 なんとなく、親近感。。。(^^
by ai-labo | 2014-07-21 21:31 | 西尾 春美 | Comments(0)