ビッグサイトにDIY小屋が出現しました

おはようございます。

設計部の松本です。

ただ今、東京ビッグサイトにて”日本ホビーショー”というイベントが行われております。

f0264759_7441381.jpg


そこに相羽建設が小屋を建ててしまいました

f0264759_7461242.jpg


小屋女子計画さんとともにDIYイベントを行う展示ブースとなっています。

小屋の中はこのようなかんじです。

f0264759_895240.jpg



壁面も左官体験ができるようになっています。

f0264759_8111744.jpg



屋上でもイベントが行われていました

f0264759_8115472.jpg



小屋の四方どころか屋上まで余すところなくDIYされていました。

手芸などの展示もたくさんあり、ものすごい数の女子たちが集まっております

明日4/26(土)まで開催中です。ご興味のある方はDIYを体験しにいらしてはいかがでしょうか。
# by ai-labo | 2014-04-25 08:38 | 松本 翔平 | Comments(0)

八ヶ岳高原音楽堂

こんにちは、城丸です。

先日、ゆるがないデザインを学ぶ。という
建物見学会に参加してきました。

いろいろな建物を見学させていただき、
最後に見学したのが八ヶ岳高原音楽堂です。
f0264759_21395073.jpg

f0264759_21445073.jpg


吉村順三さんの晩年の作品で、八ヶ岳をイメージした大屋根と、
窓から見える大自然が圧巻でした。

音楽堂の中には、吉村順三さん設計のたためるイスがズラリ。
有名なイスが、これだけズラリとならぶと、これまた圧巻です。
f0264759_21442028.jpg

f0264759_21442932.jpg



名建築を見て、体感する時間はとても大切だと再確認し、
次はどこにいこうかなとワクワクしています。
その為には、仕事をがんばって時間をつくるぞ。


相羽建設のイベントでワクワクしたい方はこちら
相羽建設イベント情報
# by ai-labo | 2014-04-22 21:57 | 城丸 智也 | Comments(0)

月見台のある家

徳田英和設計事務所・徳田です。こんにちは。
今回は昨年10月に竣工した「月見台のある家」を紹介したいと思います。
f0264759_10211451.jpg

f0264759_10212133.jpg

スモモ・ブドウ畑に囲まれたのどかな敷地に佇む素直な切妻屋根の平屋の住宅です。
住まい手はお茶と着物の着付けの先生で、茶道教室のための茶室を備えています。
f0264759_10212591.jpg

f0264759_10213133.jpg

f0264759_10214660.jpg

単純な外形に対して、内部空間は部屋ごとに変化をつけました。
低いフラットな天井の茶室のブロック、おおらかな弧を描いた天井の居間・食堂・台所のブロック、片流れの斜め天井の寝室のブロック。
f0264759_10264959.jpg

f0264759_1022736.jpg

f0264759_10221276.jpg
f0264759_10264615.jpg

中廊下にはトップライトを設け、寝室扉上部の欄間障子から風が抜けるよう工夫しました。

徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161 / FAX 03-3565-6079
http://tokuslifegoeson.blogspot.com/
# by ai-labo | 2014-04-20 00:00 | 徳田英和 | Comments(0)

カヅノキハウス 新緑につつまれて・・・。

しまだ設計室の島田です。

今日は久しぶりに雨ですね。

私の自宅件アトリエ、カヅノキハウスは新緑につつまれてきました。
モッコウバラ、カツラ、エゴノキが生き生きしています。
カヅノキハウスに引っ越してきてから、
家の中にいても、季節を強く感じるようになりました。


f0264759_16342148.jpg


最近の家づくりでは、
年間を通して家の中の環境を一定にする方向へ
向かっているように感じます。
もちろん少ないエネルギーで快適に過ごせることは大事です。
断熱や気密はもちろんしっかりと考えなければならない課題です。
ただその性能面だけで家の良しあしを判断してしまうのは
ちょっと寂しいですね。

エネルギー効率を考えると、窓が小さく閉鎖的な方向へ
向かいがちです。
でも窓は家の中と外をつなぐところ。
家の中って日々そんなに変化しませんが、
外の世界は植物が新緑や花がきれいだったり、
風が吹いたり、子どもたちが走り回っていたり・・・
常にいろいろ変化しています。

その変化の気配を、家の中にいても感じられるのは
窓があるからで、窓は性能のことだけでなく、
外の世界をどういう加減で家の中に取り込もうか・・・
という視点で考えるのが良いと思っています。


f0264759_1634476.jpg


いろんな気配を感じつつ、今日も図面をかいています・・・。

しまだ設計室 HP 
http://kazunoki.com/
# by ai-labo | 2014-04-18 16:36 | 島田 貴史 | Comments(0)

大工の手

こんにちは、中村です。
今年の花粉はたいしたことなかったなぁ、なんて思っていたら、昨日から鼻がムズムズしはじめました。ヒノキ花粉でしょうか。皆さんもお気をつけください。

さて、今日はdaikunoteという活動のご紹介をさせて頂きます。相羽建設は、家具デザイナーの小泉誠 さんとdaikunote (大工の手)という家具づくりを行っています。この家具は「大工の手」という名前からも分かるように、大工さんが作る家具なのです!

・・・で、大工さんが作る家具ってどういうこと?と思われるかもしれません。一般的には、大工さんは家を建てますが、家具まで作るイメージは無いかもしれません。家具は、新築時にカタログから選ぶものだったり、家具店やホームセンターで買うものとイメージする人が多いかもしれません。相羽建設では、注文住宅を行っている中で、棚やカウンター等をお客さんの使い方に合わせて設計し、大工さんが手作りしています。逆に言えば、家具まで作れる大工さんに家づくりに関わってもらっています。そうした大工さんが作る家具は、既製品の家具を買うより、手間がかかります。量販店の家具に比べれば、お金もかかるかもしれません。でも、手仕事だからこその良さもあります。

また、現在の大工さんを取り巻く状況は決して恵まれているとは言えません。家具まで作れる、木を扱える技術があるのに、その腕を活かす場がどんどん減ってきています。大工さんになろうという若い人も減り、技術の継承も危ぶまれています。

それではいかん!ということで、もっと手仕事の良さを知ってもらおう、皆で私たちの生活の基盤をつくってくれている大工さんを応援していこう、という想いで、この活動をはじめました。そして、私たちの想いや大工さんの技術だけでなく、きちんとデザインされたものとして作っていこうということで、小泉誠さんにデザインをして頂いております。

そのdaikunoteの家具が形になりまして、お披露目をしましょうということになりました。4/19(土)に青山のライトボックススタジオ で展示を行います。14時より小泉誠さんのトークショーもありますので、興味のある方、お近くに用のある方、見に来てくれたら嬉しいです。

展示会の詳細はこちら
http://www.wazawaza.or.jp/ 

f0264759_16550070.jpg



f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


相羽建設株式会社はこちら




# by ai-labo | 2014-04-17 18:07 | 中村 健一郎 | Comments(0)