赤いお家 そして これからのあいらば

しまだ設計室の島田です。

前々回投稿市川さんのパステルの写真きれいですね!

市川さんが記事の中でかかれていたように、
確かに暮らしの中にもっと色を取り入れてもよいかもしれませんね。

色といえば、内部もそうですが、建物の外壁の色も毎回悩むところです。
サンプルを取り寄せたり、立面図に色をつけたりして、
建て主さんと相談するのですが、
家の外観イメージに大きく影響するので
決断には勇気(?)がいりますよね。

以前にしまだ設計室で設計をして、相羽建設で施工した
「カエデハウス」は、外壁の色がテーマになったお家でした。


f0264759_1815083.jpg



ご夫婦がカナダ留学中に出会ったというお話を聞いて、
外壁はカナダ国旗のモデルのカエデが紅葉した色をイメージしました。

私から提案した色だったのですが、赤のガルバリウム鋼板といっても
いろいろなメーカーが少しづつ違う色味で製品をつくっているので、
サンプルを取り寄せて「ちょうどいい加減」の赤を探しました。
外壁が張り上がって、足場を外す時はどんな感じになるのか、
結構ドキドキでしたが、建て主さんも喜んでくれてほっとしたのを覚えています。

http://kazunoki.com/works/kaede/

話はかわって、あいらぼについて。
これまであいらぼでは、
様々な勉強会や建物見学など内部での活動のほか、
暮らしの学校でのイベントや、まちづくりの仕事にもかかわってきました。

ただ外部に向けて、
あいらぼとはこんな活動をしていますよ・・・
といった感じでは、ほとんどお伝えしていない形での活動でした。

現在あいらぼに参加している設計事務所は8名ですが、
この夏を目標に、あいらぼを紹介する展覧会やホームページの作成を進めたいと思っています!
極秘会議(?!)の様子・・・。


f0264759_1823342.jpg


みなさま乞うご期待!!

追伸:2月27日の投稿で力石さんが紹介していた展覧会
    「武者分類図鑑」に子どもたちをつれて行ってきました。
    造形の完成度の高さと、
    ちょっとふざけたテーマのギャップが最高でした。
    ちなみに中一の息子の感想は、一言「微妙・・・。」
    小学四年の息子の感想は「サンタ侍が面白かった!」
    とのことでした。 ううむ。
# by ai-labo | 2014-03-21 18:03 | 島田 貴史 | Comments(0)

パン屋の手紙

f0264759_1342438.jpg

こんにちは、中村です。
寒さがやわらぎ、目と鼻がムズムズしはじめ、春の訪れを感じる今日この頃です。そんなときは、花粉が届かない場所で読書をするのが良いですね。ということで、最近読んだ本をご紹介します。僕が好きな建築家・中村好文さんの「パン屋の手紙」という本です。

ある日、建築家の中村好文さんのもとへ、北海道でパン屋を営む神幸紀さんより、一通の手紙が届きます。「どうぞ私たちの夢、小さなパン小屋をお願いいたします。」そこから、好文さんと神さんの東京と北海道という遠く離れた場所での遠距離恋愛のようなパン屋作りが進んでいきます。。

最終的にはとてもとても素敵なパン屋さんが出来上がるのですが、パン屋が出来上がるまでの2人のやりとりが、実際に打合せで使われていた手紙やFAXを中心に描かれ、臨場感をもちながら話を読み進めていける本です。

読み終えて、、中村好文さんと神さん家族の幸せな関係に心が暖まり、僕もこんな幸せな関係をたくさんつくれるといいなぁとしみじみ思ったのでした。

f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


相羽建設株式会社はこちら
# by ai-labo | 2014-03-20 14:08 | 中村 健一郎 | Comments(0)

「色」をつかう

市川です。私はときどき絵を描きます。
技術力がないせいかとりあえずいろんな色を重ねていくのでまとまりがない絵になりがちです。人物を書く際も青をベースにその上にオレンジをのせる、という具合です。

f0264759_14595223.jpg


一方、住宅の設計をしていると色を使うことが少ないように思います。無垢の木材をつかったり、シックイを使ったり、気が付くと、茶色と白ばかり。キッチンのタイルの色を決める打合せでも議論を重ねたあげく「飽きがこない白にしましょう」ということになってしまうことが多いです。

確かに自然素材のままの色が本能的に一番落ち着くことは間違いないのですが、その木だって、樹だったときは花を咲かせて色を使っていたはず(?)と考えれば、もう少し住環境に色を使ってもいいのかなと思っています。

というわけで階段の縦格子にちょっとだけ色ガラスを嵌めてみました。松山にありますモデルルームです。

f0264759_1514566.jpg

# by ai-labo | 2014-03-19 15:06 | 市川 淳 | Comments(0)

ソヨゴやマホニアコンフーサー

こんにちは、相羽建設設計の藤村です。

今日は、あいらぼの開催もあり、こちらでブログをリレーしている設計士方があいばこに集合しました。
月に1回、今後の予定や情報交換など話しています。
今日は、次回の「暮らしの学校」(あいらぼ主催イベント)の準備が始められていました。
次回は5月に開催です!
ご案内もお楽しみに。
(前回記事はコチラ





先日、私が図面担当させていただいた一戸建てのお引渡しを終えました。
天気は、雨。
当日まで緊張のときが流れ、大雪が落ち着いたノチ、会長・現場監督や営業とともに
無事、お引渡しさせていただくことができました。


植えたばかりの植栽はまだほっそりしています。
日当たりのいい場所なので、これから育って実をつけたり、花を咲かせたり、季節が楽しみになりそうと思います。


植物、外からしか撮っていなかった・・・
ですが、部屋から眺めるもみじ以外のご紹介をさせていただきますと・・・

f0264759_2231249.jpg
ソヨゴと、下草のマホニアコンフーサー(ヒイラギナンテンの近縁種)。





















マホニアコンフーサーの実は,お正月に飾られている、赤い実

f0264759_2239830.jpg
オリーブ























園芸屋さんからは、「株立でなければ伸びすぎないよ。株でも株の大きさによって伸びる高さはだいぶ違うよ」と、植える場所への心配を解消していただきました。

f0264759_2333860.jpg
こちらは常緑ヤマボウシ
花の色は、白。




















にしお設計室にしおさん個人ブログでも登場しています。

玄関に向かう途中には控えめだけど、形のこんもりした足元
f0264759_23214078.jpg


植物はつよいなーと思うのですが、大雪がつづいて驚きました。
四季に負けないことを願っって。
# by ai-labo | 2014-03-18 21:43 | 藤村 志津 | Comments(0)

たねかふぇ

久米川にある「たねかふぇ」さんというカフェへ行ってきました。

お昼ご飯を食べた後、デザートも食べたいということで
たまたま近くにあった「たねかふぇ」さんへ入ることに。

何もわからなぬまま、
お店の外観で、何か美味しそうなものがありそう!
ということで入店。

何がおススメかもよくわからなかったので、
勘でパンケーキ(卵と牛乳不使用)を注文。

いちご、ブルーベリー、ラズベリー、はちみつ+塩
の4種類あったのですが、
たまたま4人でお店に入ったので
1つずつ注文して4種類を全て堪能。
(写真はいちご)
f0264759_16573689.jpg

どれも美味しかったのですが、
個人的には、はちみつ+塩が一番おいしかったです。

次は、ご飯を食べに行きます!


〈たねかふぇ〉
久米川駅南口から徒歩5分くらいにある自然食カフェ
有機野菜の販売やテイクアウトもやっていました
キッズコーナーもありました

駐車場は無いようでしたので、
自転車や歩いていくのが行きやすいようです。

あいばこや青葉町モデルへ電車で来た時に
よりやすいお店です。
# by ai-labo | 2014-03-14 17:23 | Comments(0)