<   2017年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コ・ワーキング

f0264759_15065235.jpg


文京区で工事中の現場があります。
その近く コ・ワーキングスペースというものがあり、入らせていただきました。













元は、3F建て集合住宅だったものを、リノベしています。
1Fには、工房兼革のショップ、多目的スペース、
2Fは設計事務所、3Fはシェアオフィスでした。
1Fは、会員登録に関わらず利用できるそうです。

写真は、3Fのシェアオフィス。右寄りには、本棚等もあり、必要なものを収納できるようになっていました。

コ・ワーキングスペースとは?というのも看板に書かれていました。

利用者が、業務や打合せのためのスペースを共有しながら独立した仕事を行うオフィスです。
f0264759_14404945.jpg
















コ・ワーキングスペースは、在宅勤務や移動しながら働く独立したひとへのコミュニティとして、増えてきているものでした。
文京区では、このようなスペースは他にはないようです。
あまり利用したことのない文京区の場所ですが、中に入ってみると、工房では革やモザイク雑貨を作られていたりもして、また行ってみたいと思いました。



直近はこちら→つむじ暮らしの文化祭f0264759_16333177.jpg































by ai-labo | 2017-10-29 21:38 | 藤村 志津 | Comments(0)

杉かパインかオークか?


調布市で工事中のお住まい。
床養生を片付け、建物内部は完成に近づいております。
この写真を見て、相羽建設でよく見かけるの内装の雰囲気とはちょっと違うなと感じた方もいると思います。それはどの部分でしょうか?写真の撮り方とタイトルを見ればすぐに分かってしまうと思いますが、、、

f0264759_14112311.jpg

正解は床材です!
木製の窓やペンキ仕上の壁もこのお住まいの特徴にはなっていますが、床材を変えると部屋の雰囲気が大きく変わります。相羽建設ではパイン材や杉材を使用することが多いですが、ここではオーク材(ナラ材)を使用しました。オーク材を選ばれる方は、パインや杉と比べて、色が濃く木目の感じが落ち着いていて好き、やや硬い木なので傷が付きにくい、といった理由が多いと思います。別の見方をすると、床座の生活を中心にしたい、床にごろんと寝転がりたいというような方には、オーク材よりも柔らかいパイン材や杉材を選択するのも良いと思います。

f0264759_14113026.jpg

床材は、毎日目にして、毎日体が触れる素材。
素材の特徴を知った上で、好みに合った長く付き合える素材を選んで頂ければと思います。



f0264759_9295610.jpg







相羽建設設計部・中村





by ai-labo | 2017-10-27 14:59 | 中村 健一郎 | Comments(0)

アーチ

先日、これからリフォームする都内のお宅へ現調に行ってきました。

新しい住まい手さんが引っ越されることになりました。

f0264759_20075582.jpg










食堂前の窓は、どの席からも庭が見えるような形でした。

今回のリフォームの際に、出入り口に網戸をつけられるようにする予定。

ここのところ雨が多い天気ですが、夏は、開け放すと、風が気持ちよさそうな場所なので楽しみになります。


さて、天気は来週はよいようなので、来週末のイベントのお知らせ

↓↓

秋といえば文化祭

f0264759_16333177.jpg




















会場は府中街道沿いのつむじです。

この屋台の中身はぜひ当日おたのしみに!



イベント案内

あいばの不動産

相羽建設(株)HP



by ai-labo | 2017-10-25 16:37 | 藤村 志津 | Comments(0)

秋から冬へ

今月18日に山登りへ行ってきました。

紅葉シーズンにもしかしたら間に合うかな?
という期待をもって日光へ

麓付近は若干紅葉がありましたが、
山道はもう紅葉時期は終わっていました。
どれどころか途中から解け残った雪が・・・
噴火口付近も所々白く。
f0264759_13135474.jpg

f0264759_13165865.jpg


ただ、夏に比べ冬のほうが空が澄んでくるので
それもまた楽しみ。
f0264759_13171186.jpg




相羽建設も、山にお連れします。
木造住宅で使われる木、そして山の様子を見に行く事で
自然のもつ力強さと木のやさしさを実感できます。

第21回 山と木を見に行く「森林バス見楽会」

日付 10月29日(日)
時間 8:30-17:30(8:15受付開始)
会場 相羽ワークス…東京都東村山市青葉町1-25-14
定員:15組(予約制)
参加費:1,000円/名(お弁当つき・保険料含・小学生以下無料)
※駐車場あり。お車でのご来場OKです。
f0264759_13223696.jpg

森林バス見学会はこちらから
by ai-labo | 2017-10-20 13:23 | 城丸 智也 | Comments(0)

百聞は一見に如かず


現場で板金屋さんと打合せ。
現在工事中のお住まいで外壁仕上をガルバリウム鋼板の縦ハゼ葺きとしていますが、自分の担当では初めて使用する仕上げでしたので、細かな部分で分からないこともあり、職人さんにお願いして現場にて打合せをしました。職人さんにサンプルを用意して頂き、こんな形になるよというのを見せて頂きました。

f0264759_21253527.jpg
f0264759_21255603.jpg

百聞は一見に如かずという言葉がありますが、まさにその通りです。パソコンに向かって図面を書いたり、カタログやネットで調べてもよく分からない時もありますが、現場で実際のものを見れば「なるほど、こうなるのか!」とパッと理解できます。また、それ以上に大事なのが職人さんがどういう考えをもっているか、どんな技術があるのか、どういう施工経験があるのか、作業性やメンテナンス性等をお聞きしながら、自分のイメージや必要とする性能などと摺り合わせをしていくこと。まだまだ職人さんに教わることばかりですが、こういう時間をつくってくださる職人さんに感謝です!



f0264759_9295610.jpg







相羽建設設計部・中村






by ai-labo | 2017-10-20 07:39 | 中村 健一郎 | Comments(0)

なまけ者、山に登る

言うても、高尾山のそれ程度だべやという認識であった。
「気分転換にもなろうし、秋の行楽にぴったりである。」
何と甘ったるく能天気な当て推量か。この楽観主義者め。

アウトドア課長に連れられ、到着したるは群馬県のお山。
お気楽な認識にバッテンが付いたのはロープウェイ出口。
おかしい。岩肌がみえるぞ。なにやら切り立っているぞ。
昨日の雨のおかげでぬらりとしている地面。聞いてない。

ひいひいと、右足あげ左足あげ。掛けますことの数時間。
目指すは頂上付近の山小屋が誇る絶品のアイスクリーム。
近くを登るひとの会話が耳に入って以来、僕は虜なのだ。

アイスさまのためだから頑張っちゃったよ、と扉を叩く。
待ち構えていたのは、そんなもの無いという冷徹な現実。
これが今の日本社会かと嘆きつつ、辿り着いたるは頂上。

ほおう。

「なんで山に登るかって?そこに山があるからだろう。」
山の虜と化したクレイジーたちの常套句をふと思い返す。
時たまなら登ってあげてもいいよ、と思ってみたりする。

f0264759_19074677.jpg



by ai-labo | 2017-10-15 12:00 | 菊池 潤 | Comments(0)

毎週第一土曜日は?

明日は第一土曜日。

相羽建設にとって、
毎月の第一土曜日はマルシェの日。

地元の農家さん達と相談し
販売するお野菜などを決めたり
週頭から慌しくなります。

今回はマルシェの他
サンクスカードづくりも行ないます。
ぜひ、お立ち寄りください。
f0264759_19113484.jpg


イベント案内



あいばの家づくり学校【基本講座】

日付 10月15日(日)
時間 10:00-12:00
会場 つむじ…東京都東村山市久米川町4-34-6
定員:12組(予約制・キッズコーナーあり)
参加費:無料
あいばの家づくり学校
by ai-labo | 2017-10-06 19:13 | 城丸 智也 | Comments(0)