<   2017年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

真夏ののみもの

某しゅわしゅわ飲料の醸し出す「夏っぽさ」は何だろう。

あの飴色の透過光に爽快感を見出すからか。
あのラベルの赤は日焼けしそうな日射しか。
或いは涼しげなロゴの流線の形か。

要素1:雨風に朽ちたベンチに自転車。
要素2:瓶にまとわりつく水滴と日射し。
これだけであっという間に夏の腹の中ではないか。

ところが僕は炭酸飲料が嫌いだ。
だってしゅわしゅわが過ぎるのだもの。

f0264759_18492914.jpg

by ai-labo | 2017-07-31 19:06 | 菊池 潤 | Comments(0)

自由学園明日館


f0264759_12574929.jpg

フランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館。
池袋で打合せがあったので、帰りがけに立ち寄ってみました。
道路沿いに植えられた大きな桜の木の下で陽射しを避けながら建物を眺めていると、なんだかゆったりとした気持ちになってきます。

そう言えば、大学に入学する前に初めて買った建築本はフランク・ロイド・ライトの作品集だったことを思い出しました。大学に入ってすぐにコルビュジェやミースの建築に魅了され、その後SANAAの建築に衝撃を受け、作家性のない集落に興味を持って大学で論文を書き、雑誌「住む。」で見かけた永田昌民さんの建築が心から離れず、住宅の設計をしたいと思い相羽建設に入社しました。それから数年後、運よくパートナーを見つけて、この場所、明日館で結婚式を挙げました。大学の建築学科の友人たちが著名な建築家の設計した教会や建物で結婚式を挙げていく中で、自分も建築にこだわった式場にしたいなと思い、最終的に辿り着いたのが明日館でした。当日はまれに見る土砂降りでしたが、それも今となっては良い思い出です。話が少しそれましたが、ライトの建築をすごく好きだったわけではなく、初めに本を買って以降はライトの建築からは遠のいていましたが、なんとなくこの場所が自分に合っているかなと感じたのです。

それからさらに数年経った今も、やっぱりいいなと思える場所です。
また、訪れるたびにその当時の気持ちを思い出せる場所があるというのも良いものですね。



by ai-labo | 2017-07-25 20:58 | 中村 健一郎 | Comments(0)

木の表札づくり

来週は、手しごとフェスタ2017開催。

手しごとの楽しさを知ってもらうワークショップが
数々ありますが、建築家チーム あいらぼでは
木の表札を担当します。

設計者自ら木のパネルに自然塗料を塗って当日に備えます。
f0264759_1859322.jpg

f0264759_18594182.jpg


試しに彫刻刀で削ってみて
f0264759_1904195.jpg


こんな感じに
f0264759_19131716.jpg



当日は、あいらぼ設計者が、表札づくりの説明サポートを致します。
表札だけでなく、設計についての質問があれば、きっとやさしく教えてくれるはず。


手しごとフェスタ2017「思い出の道具」

日付 7月30日(日)
時間 9:30-17:00
会場 相羽ワークス…東京都東村山市青葉町1-25-14
*入場無料 / 駐車場あり / 雨天決行

★お申し込みはこちら 0120-145-333(フリーダイヤル)

あいらぼホームページ
by ai-labo | 2017-07-22 19:08 | 城丸 智也 | Comments(0)

日本の家

7月19日から10月29日まで東京国立近代美術館で
日本の家 1945年以降の建築と暮らしの展示が行われています。

写真や模型、図面などが展示されていて
建築家 清家清が設計した実物大模型もありました。
f0264759_201957100.jpg


様々な建築家達が、時代時代に様々なことを試行錯誤し、挑戦していった形が、
本当に様々で建築に興味がない人も、きっと楽しい展示になっていると思います。
f0264759_2025050.jpg

f0264759_20251458.jpg

日本の家展


また、23日(日)までは、建築家会館で宮脇檀さんのドローイング展
も行なわれています。建築家宮脇さんの設計プロセスを感じる事ができる
貴重な展示です。
f0264759_20282820.jpg

宮脇檀のドローイング展


7月は相羽建設でも楽しいイベントがあります。ぜひご参加ください。
手しごとフェスタ2017「思い出の道具」

日付 7月30日(日)
時間 9:30-17:00
会場 相羽ワークス…東京都東村山市青葉町1-25-14
*入場無料 / 駐車場あり / 雨天決行

※事前申込は電話予約のみの受付となります。(混乱を避けるため、お問合せフォームやメールでのお申し込みはお受けしておりませんので予めご了承ください)
★お申し込みはこちら 0120-145-333(フリーダイヤル)
f0264759_20383056.jpg

手しごとフェスタ
by ai-labo | 2017-07-21 20:40 | 城丸 智也 | Comments(0)

つこぽんトラップ

解っちゃいる。あたぼうよ。
徹頭徹尾つむじからつま先まで解っちゃいるのだよ。だがね?

擦れに擦れたこの世の中にも
つっこみポイント、略して「つこぽん」は其処彼処に散らばっている。
今日も今日とてつこぽんを確認すれば、じわりじわりとムズムズリ。
とはいえ社会人となったこの身。しかし社会人たるもの、動じてはならない。
これはトラップなのである。
クウルに、何事も無かったかのように振舞わねばならないのだ。

わざわ座の高崎での会議にお供つかまつったのは6月末。

関東圏各所より沢山の座衆の方々が来場する予定の会場内。
机や椅子、資料などのセッティングの最中。
会議に使う会場の一角にパーテーションがあり、
ちょっとしたシンクコーナーがあった。
ふとその中を眺めてみた。

f0264759_17284953.jpg

むむ。これは。
あざといあからさまなネタより、一見何もおかしくないレベルが美味しい性質なため
これは上等なシロモノである。

一見して洗剤である。きゅきゅっと爽快な洗剤である。
しかし記入された名詞はなんだ。この会場のどこで使うのだ。
ひとたび検索すれば本来の使用にまつわるページがほぼ出てこない危険物ではないか。
加えてこの文字もたいへんによい。なんだこのほんわか感は。
羊の皮を被った何とやら、とはこのことではないか。
ああ誰かに喋りたい。

しかし。こちらは裏方なのである。ましてや会議なのである。
参列者はもう間もなくである。騒いではいけない。クウルにならねばならない。

これも大人なのだなあ。
by ai-labo | 2017-07-14 17:40 | 菊池 潤 | Comments(0)

今年の冬に向けて!

先日、OMソーラーの戸建住宅、約35年経ったお宅へ現地調査に行ってきました。
1・2階ともに窓が多く配置されており、冬は寒いそうです。
当時のサッシは、シングルガラスのため、そこからの冷気・大きな吹抜けも影響し、
OMソーラーやストーブがなかなか効かないそうです。
畳の下を一部下地をはがし、断熱材の施工の有無など確認しました。

f0264759_17435401.jpg
















玄関や水廻りのジャロジー窓も、夏は換気によいけれど、冬の寒さの原因になっていました。
当時は、雨が入らずに換気できる窓のジャロジー窓はとても流行っていたそう。
f0264759_17594368.jpg




























そして今回は、既存の窓箇所に、内窓を設置したり、障子のある箇所はガラス交換をしたりと予定されており、
今年の冬は、今までの冬と違った体感になるよう計画中です。

さてさて、今週末は、工事中の現場での見楽会・家づくり学校が開催されます。
 
【現場見楽会
「現場のことは現場で俺に聞け!」
2017/7/15(土)
時間 10:00-17:00
場所 埼玉県所沢市山口395(ソーラータウン西所沢)

同時開催!現場監督によるクロストークイベント
現場で「聞く!」
【開催時間】(ご予約不要)
第1回 10:30~11:00 第2回 14:00~14:30 


【AIBA 家づくり学校
2017/7/16(日)
時間 10:00-12:00
場所 東村山市久米川(つむじモデルハウス)
予約制 定員10組

お問合せ先
フリーダイヤル:0120-145-333
(相羽建設株式会社)


by ai-labo | 2017-07-09 18:31 | 藤村 志津 | Comments(0)

木道

夏が近づき、30度を越す暑い日が
始まりました。

その蒸し暑い日常から逃れるために避暑の尾瀬に行ってきました。
東京とは別世界の涼しさ。
尾瀬に来られた方は半そでの方が多かったですが、
尾瀬に着いたら皆「寒い、長袖で来ればよかった」と言っていました。

尾瀬の良さは、いろいろあるかと思いますが
その一つに、広大な緑とどこまでも続く木道の景色
f0264759_1312570.jpg

f0264759_1331798.jpg


この木道の樹種は、カラマツ。
東京電力が7~8年毎に交換していて
交換の年度が印字されているので
年度を見ながら、木の経年変化を楽しむ。
(普通の人は、楽しむことはないのでしょうが)
f0264759_1362115.jpg


この木道が、木ではなく無機質なものだったら
見える景色も変わってきたのだろうなと思うと
木の質感や色味は、景色を作る大切な要素だなと
感じました。


木の事、木で家を造ることを知るチャンス

現場見楽会「現場のことは現場で俺に聞け!」

日付 7月15日(土)
時間 10:00-17:00
会場 ソーラータウン西所沢…埼玉県所沢市山口395
*駐車場あり(台数限定有)。満車の場合はお近くのコインPをご利用ください。
*予約不要です。見学のみの方も大歓迎!
現場見学会
f0264759_13215578.jpg

by ai-labo | 2017-07-07 13:22 | 城丸 智也 | Comments(0)

扇風機のチャーリー


f0264759_07423883.jpg


自宅で使っている扇風機です。
暑くなってきたので、押入から引っ張り出してきました。最近は、気持ちの良い風を吹いてくれる高性能な扇風機が主流ですが、この扇風機はそんなことはありません。無骨なプロペラを回して、想像通りの風を吹いてくれます。しかも、不親切なことに、風量の切り替えがボタンではなくツマミで、「切→強→中→弱」という順番なんです。僕は弱で使うことが多いのですが、必ず強と中を通過しないと弱を使わせてくれないのです。。

でも、これがいいのです。いわゆる家電としての扇風機の姿をしていないので、自作の家具や手仕事の器などと並べてもなじんでくれています。実はこの扇風機、造園家の荻野寿也さんのご自宅を見学させて頂いたときに、その中の一室に置かれていました。これはうちに置いたら合うかもしれないと思って、扇風機の後ろに書かれているメーカー名をこっそりメモして、後でネットで調べて購入したのでした。(荻野さん、すみません、、)

この扇風機はスイス生まれで、名前をチャーリーと言います。Stadler Formというメーカーの製品で、他にも個性的な製品がたくさんあり、人の名前のような商品名が付いています。呼びやすい名前がついていると、より愛着をもてる感じがします。今年の夏もチャーリーに活躍してもらおうと思います。



by ai-labo | 2017-07-07 08:55 | 中村 健一郎 | Comments(0)