<   2016年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

風物詩

一体誰の許しを得て北風は吹くのか。
どこかの機関が許可証を発行したおかげで、ここまで寒いに違いない。
少し前までは「あちいあちい」と茹だっていたにも関わらず、
気がつけば師走はもうすぐそこ。

設計と言う仕事がら、なかなか表に出向く機会が少ないため、
必然と季節の移り変わりを実感する機会も少なくなる。
しかしながら。僕は毎度の冬を実感する音を持っている。

ふぃー、と鳴るのだ。鼻が。

毎年気がつけば鳴り始め、気がつけば鳴り止む。
風邪を拗らせている訳でも、鼻が詰まっている訳でもない。
通常の鼻呼吸をする分には主張して来ないのが幸い。
とは言え、毎年ともなればもどかしいのもまた事実。

痺れを切らしたのは高校生あたりの冬。
こんな僕と言えども当時は華の高校生男子。
カッコ悪いのは気になってしまうお年頃。
なんで毎年ふぃーふぃーするんだちくしょう。
まさかあなたの知らないうちに大変な事態になっている、なのか?
遂に、近くの耳鼻科へ赴くことにした。

事の成り行きを話し、レントゲンも撮ってもらう。
一旦、待合室へ戻り再び呼ばれて診察室へ。
さあどんな診断でも下してくれよお医者さん、と意気込み先生の前に座る。

「ああ、鼻曲がってるねえ。はっはっは。」

相手は高校生。笑いながら鼻が曲がっている、とは何と残酷な宣告か。
曰く、鼻の中の軟骨が少しばかり捻くれているらしいのだ。
故に空気が乾燥する冬になると笛の如く、ふぃーふぃー鳴るのではないかと先生は言う。

だから気にする事でもないのか、と言えばそういう訳でもないらしい。
何でも人によっては鼻の通気が悪いため、
鼻炎畜膿炎その他の症状が癖になってしまう人もいるという。

「鼻をグイっとやって、軟骨をベキっとすれば鼻の通りが良くなるよ」と先生。
そ、そんな怖いこと出来ない。出来る訳ない。
僕はこれからもこの鼻と生きていきます。

あれからもうすぐ10年。
今年もまた冬がやって来る。
f0264759_16495889.jpg

by ai-labo | 2016-11-30 12:00 | 菊池 潤 | Comments(0)

コンパス

設計部城丸です。

プランをするにはまず 実際に建てる敷地に行き、
いろいろと調べてからプランを始めます。

廻りの建物の状況は?
どの方向が気持ち良いか?
風はどのように流れるか?

また、南はどの方向で、日差しはどのように入るか?

感覚的なことも大切ですが、
正確な方位を把握することも大切。

必ずしも不動産の資料の方位が正しいとは限らず、
自分で確認したほうがいい。

私の愛用のコンパスは定規付きのコンパス。
f0264759_10301931.jpg


敷地図に、方位を書き込めるし、磁北の真北の差(約7度)の線も
すぐに引くことができる。

今日は寒いですが、
これをもって、現地確認に行ってきます。




あいばこ5周年“感謝祭”

日付 12月4-5日(日-月)
時間 10:00-16:00
会場 あいばこ…東京都東村山市栄町3-2-5-1F
「あいばこ」はおかげさまで5周年をむかえます。
つながりのあるみなさまへ、心からの感謝とこれからもよろしくのメッセージを込めた、2日間のスペシャルイベントを企画しました!お誘いあわせてぜひ遊びにいらしてください。
あいばこ5周年感謝祭
by ai-labo | 2016-11-30 10:19 | 城丸 智也 | Comments(0)

手のちから

f0264759_1635637.jpg

木造ドミノ住宅の生みの親である野沢正光さんが設計した小学校を見せていただく機会がありました。
写真は体育館で住宅で使われるような寸法の木材を組んでとても大きな空間を作り上げています。
しかも、プレカットは行わず大工さんの手刻みによるものとのこと。手しごとの可能性を感じる建物でした。
f0264759_1624552.jpg

地域の材料で地元の職人さんが腕を奮ってつくりあげた学校って物語があって素晴らしいと思います。
接合部をよくみると、鉛筆の跡が残っていて手しごとの痕跡を感じます。



□ 木造ドミノ住宅-多摩湖の家-販売中
□ イベント情報はこちら
 
by ai-labo | 2016-11-30 09:00 | 松本 翔平 | Comments(0)

トトロの森を望む家 夕暮れ時の植物たち

こんにちは、設計部の中村です。
先日見学会を行ったトトロの森を望む家。
ひと段落ついたところで、小林賢二さんにデザインして頂いたお庭をようやくゆっくり見ることができました。すでに紅葉のピークも過ぎて、葉っぱもだいぶ落ちてしまいましたが、植物というものは面白いもので、何かしら心にとまる姿を見せてくれます。夕暮れ時にきれいだなぁと思ったものを写真に納めてみました。小林さんに聞いたところ、このお庭には50種類近くの植栽があるそうです。その中のほんの一部をご紹介。

f0264759_17423208.jpg
ドウダンツツジ
f0264759_17433970.jpg
ヤマモミジの落ち葉
アセビ
f0264759_17432354.jpg
ヒュウガミズキ
f0264759_17430859.jpg
フッキソウ
f0264759_17425435.jpg
ヤツデ
f0264759_17424088.jpg
クリーピングタイム
f0264759_17422488.jpg
ナンテン(白実)
f0264759_17421728.jpg
ヤブコウジ
f0264759_17420816.jpg
ツリバナ
f0264759_17415790.jpg
アロニア
f0264759_17435578.jpg
ヒメツルソバ



f0264759_9295610.jpg







相羽建設設計部・中村







by ai-labo | 2016-11-29 14:27 | 中村 健一郎 | Comments(0)

屋根のつらなり

f0264759_12451138.jpg

先日、雪のあとに街を歩くと、瓦屋根が白く化粧されていて非日常的な風情を醸していました。
黒い風景の中につらつらと繋がっていく白い屋根は同じ要素が連続していることが街並みの基本だと示唆しているようで、当たり前ながらに感心してしまいました。
屋根でなくても緑や塀や灯など連なりがある街は豊かな感じがします。この冬はそんな連なりを見つけに出かけてみようかと感じた夕暮れでした。

by ai-labo | 2016-11-25 22:21 | 松本 翔平 | Comments(0)

さむ!

f0264759_17331024.jpg

ついおとといには
紅葉がきれいだなーと思っていたのに、今日は冬みたいに雪が降って寒いですね。


今夜、明日朝もみなさまケガしませんように!


f0264759_17331176.jpg

f0264759_17331219.jpg

■紅葉は小金井の現場付近にて

外に出ると普段見れない景色が見れていいこと、ワクワクすることあるかもですね。
今日は寒ーくて、紅葉の写真を投稿したい気分でした。


◇イベント案内
今週末に予定しています。
ご来場お待ちしております!

11/26-27(土-日) 10-17時 予約不要
トトロの森を望む家 完成見楽会@東村山市
→詳しくはコチラ

11/27(日)10-17時 予約不要
ウチとソトをつなぐ暮らし展II@川越市
※トークイベントのみ要予約→詳しくはコチラ


ふじむら

相羽建設HP
by ai-labo | 2016-11-24 17:16 | 藤村 志津 | Comments(0)

12/7(水)〜18(日) 建築家が選んだ建築家展9「生活のデザイン」

連続投稿ですみません。徳田英和設計事務所・徳田です。

銀座にて展示を行います。ぜひお立ち寄りください。

f0264759_17350093.jpeg

生活を、商品化した箱に託すこともできますが、
生活と向かい合い、設計者と話し合い丁寧に形にした住宅には、
すがすがしい空気を感じます。楽しい息吹を感じます。


住まいづくりの建築家4人が提案し実現した
住み手の生活の形、生活のデザインを実感してみてください。

同時に8回までの建築家32人の
ダイジェスト版の展示もしています。<AtoA Project>

<出展建築家>(50音順)
池野健(池野健建築設計室)
上野康子(居アーキテクツ一級建築士事務所)
小野澤裕子(小野澤裕子建築設計事務所)
徳田英和(徳田英和設計事務所)

展覧会名:建築家が選んだ建築家展9「生活のデザイン」
 会場:タチカワ銀座スペースÅ t t e(オッテ)
     東京都中央区銀座8-8-15  ←クリックで案内図を表示
 期間:12月7日(水)~12月18日(日)※月休館
 時間:10:00~18:00(最終日~17:00)
 10日(土) パーティ 18時〜20時
入場:無料
主催 A t o A P r o j e c t
協力 立川ブラインド工業株式会社
<AtoA Project>
上野タケシ(上野タケシ建築設計事務所)
来馬輝順 (建築工房 匠屋)
山本覚  (山本覚建築設計事務所)
AtoA Project ブログ http://atoa.at.webry.info/





徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku's LIFE GOES ON

by ai-labo | 2016-11-23 17:37 | 徳田英和 | Comments(0)

クロワッサン「50代からの、住まい塾。」

こんにちは、徳田英和設計事務所・徳田です。

現在発売中のクロワッサン「50代からの、住まい塾。」に私の師匠でもあるN設計室・永田昌民さんのご自宅『下里の家』が掲載されています。
(発売は11/10でしたので、11/25には次号が出ます。購入される方は急いだ方がよいかもしれません)

f0264759_21364190.jpg

f0264759_2136277.jpg


たまたまですが、9月ごろに友人建築家数人と『下里の家』を見学させてもらう機会がありました。そのうかがった日が、たしかクロワッサンの取材の数日前だったと思います。
永田さんがお元気だったころは、何度も伺ったことはありましたが、亡くなられてからはしばらくご無沙汰で、久しぶりの訪問でした。

記事を読むと、その日私たちが佑子さんと話した内容とオーバーラップする部分もあり、とても楽しかった時間を思い出しました。

そして、久しぶりに『下里の家』を見て印象に残ったのは湿度感...。
プランタゴ・田瀬さんによる旧家から移植された庭の樹々、ソトとウチをつなぐ木製建具、低く抑えられた天井などとあいまって、漆喰(しっくい)の壁に導かれてしっとりした空気が出入りしているのがなんとも心地よかったです。

『下里の家』は1・2階とも厚塗りの漆喰ですが、そういえば、永田さんは厚塗りにこだわっていました。
漆喰塗りといってもいろいろやり方があります。本来は昔から民家でやられていたような竹小舞の下地なのでしょうけど、現代的にはラスボード下地に下塗り・中塗り・上塗りあわせて1.5cm程度の厚みが、永田さんがいつも使っていた厚塗りの漆喰壁です。

最近ではコスト削減のため、石膏ボード下地で5mm程度の厚みの漆喰塗りが一般化していますが、厚みで吸放湿性能がずいぶん違うなと今回あらためて実感しました。



徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku's LIFE GOES ON
by ai-labo | 2016-11-19 21:40 | 徳田英和 | Comments(0)

暮らしの学校 体感ツアー(その七)のおしらせ

d0267149_18201198.jpg
こんにちは。スモールスペースの平間です。
川越で工事を進めてまいりました広栄町の家で、
あいらぼ体感ツアー(その七)を開催させていただくことになりました。
ということで、現場は仕上げや器具の取付などの工事で追込み中です。。。
今年5月に着工し、お施主さんと工務店さんと一体となってつくってまいりました。
よろしければ是非お越しください。

今回は、前回の「ウチとソトをつなぐ暮らし展」の事例体感版という感じで、お家の中を回りながらいろいろとお話できたらと思っております。
このお宅では、以前使われていたアルミの玄関ドアやベランダ手すりその他を再利用しているのですが、造作に溶けこませて工業製品感を抑える工夫をしてみました。その他、ちょっとしたスリットや1枚の棚やバーなどでとても使いやすくなったり素敵な設えになるという例を、あいらぼのメンバーからもアイデアを集め展示します。ほんのちょっとのくらしのひと手間、そんなお話もさせていただこうと思っています。
当日はあいらぼメンバーの西尾さん、椿さん、橋垣さん(全員女性!)も現場に来てくれます。何かご相談などありましたらお気軽に声をおかけください。
(※11/22追記西尾さんは都合によりいらしゃれなくなりました。)
26(土)27(日)は相羽建設の中村さんの担当されたお家の見学会もあります。(
ちょっと離れていますが、はしごしてくださったら嬉しいです。


d0267149_17485967.jpg(←画像をクリックすると拡大します。)

日時:11月27日()10:00~17:00
  (トークイベント 11:30~12:30)
場所:川越市広栄町

お申込み:こちら(相羽建設イベント情報)      
        
お申込みいただいた方に現地の
地図と詳しいご案内をお送りさ
せていただきます。
お待ちしております!

※ainoha紙面で11/13(日)としておりましたが、日程変更させていただきました。
 




今日の現場の様子です。↓
d0267149_16482727.jpg

f0264759_20415353.jpg

d0267149_16543732.jpg

d0267149_18172763.jpg


スモールスペース1級建築士事務所(
平間千恵子





by ai-labo | 2016-11-16 19:30 | 平間 千恵子 | Comments(0)

在宅避難のすすめ

こんにちは
設計部城丸です。

工務店は建物を建てるだけが仕事ではなく、
建物を通して、住い手と共に暮らしを育むことも仕事です。

定期点検をしたり、リフォームをしたり。
時には住い手に建物のメンテナンスの方法を教える勉強会をしてみたり。

万が一地震などの震災が起きれば、もとの暮らしを取り戻すために
出来る限りの事をするのも、工務店の仕事。

そうした事態に備えるため、相羽建設には危機管理プロジェクトという
チームを組んで、いざ震災時にどう行動したらいいかを話し合っています。

その危機管理プロジェクトが、今お勧めしている震災への備えが在宅避難。
もちろん、状況によって判断しないといけないと思いますが。

建物が無事であれば、生活環境が悪くなりがちな避難所より
ストレスがかかりにくい在宅避難のほうがいいかなと思います。
f0264759_14143382.jpg


震災はいつ来るか分かりません。
今から自宅で避難ができるように準備をする。
水や簡易トイレのストックはもちろん、ライターやティッシュペーパー
軍手や救急箱など。

備蓄の案内は東京防災のページからどうぞ
備蓄の準備/東京防災


その在宅避難に対して、工務店として出来る事を
事前に想定して準備していきます。
東日本、熊本の経験を活かして。




ある意味、これも震災時に役立ちそう。

「薪ストーブのある暮らし」体感会

日付 11月20日(日)
時間 13:00-17:00
会場 つむじ…東京都東村山市久米川町4-34-6 
参加費:無料
*予約不要です。どなたでもご自由にお越しください。
イベント案内
by ai-labo | 2016-11-15 14:26 | 城丸 智也 | Comments(0)