<   2016年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

給水メーター

こんにちは。設計部の藤村です。
f0264759_16151113.jpg

今日は、これから工事予定の土地を見にいってきました。
給水メーターボックスや、排水の最終桝等既存のものがあるか、などなど、周囲の環境のほか、ライフラインがどこまで整っている土地なのかを確認します。
敷地の周りをぐるっと回って、敷地内の桝などを探しながら歩いていると、偶然お隣の方が声をかけてくださいました。
「給水がね、ここの土地(これから計画の土地)は、うちの管から引っ張ってるから、道路に入ってる本管から取り直してちょうだいね。」
ということで、なかなかないと思うのですが、
既存の給水メーターボックスが隣家の水道管から接続されているということがわかりました。
お隣の方に会えてよかった!

私が通っていいた学校が歩いてすぐそこだったので、寄り道して森林浴をしてきました。学校には、たくさんの樹木、桜が多く植えられていますね。直射日光は暑いけれど、緑の葉がちょうどい~い感じでした。
f0264759_16125752.jpg


□イベント
6/4(土)~5(日)10:00~17:00
「土間で火を囲む家」完成見楽会 in東京都調布市
        詳細はコチラ
by ai-labo | 2016-05-29 16:12 | 藤村 志津 | Comments(0)

にょきにょき

こんにちわ。設計部の菊池です。

少し前まで出来たてほやほや植えたてふかふかの「つむじ」の庭も
良い具合に緑が育ってきました。

地面の踏み石の隙間に植えたセダムもいい具合に急成長です。
f0264759_16245178.jpg

よくよく見てみると金平糖みたいなこいつら。
かわいい。
f0264759_16251685.jpg

我が家の植物の中でこの時期が成長期の奴らも
ぐんぐん育ってきました。

アデニウムは新芽を出し始め、
ステファニアも蔓を伸ばし始め、
オルギアリスはプラ鉢が窮屈になりはじめ、
ビフルカツムは新しい葉を出しまくって止まらないため水のあげ方に困り始めてまいりました。

なんだか植物の名前って呪文の様ですね。
by ai-labo | 2016-05-28 16:26 | 菊池 潤 | Comments(0)

もののはずみ

f0264759_07244455.jpg

こんにちは。設計部の中村です。
電車での通勤時間はiPhoneでネットニュースを見るというのが定番になっていましたが、今日は家を出るときに、ふいに文庫本を持っていこうという気になり、本棚から1冊の本を手に取りました。数年前に買って、数ページ読んで本棚に埋もれていた本(堀江敏幸さんの「もののはずみ」)。短編のエッセイなので、電車で読むにはちょうど良いかなと。この本は、作家の堀江さんのモノの好みや出会ってきたモノたちとの想い出が書かれています。最初の話の中で、「・・・しかしそこにはひとつ、はっきりとした好みがあった。自分と同時代に生まれたきらびやかなものではなく、また極端に古くて実用に耐えないものでもなく、以前は良く見かけたけれど、最近ではすっかりすがたを消してしまった、ほんのちょっとむかしの製品のほうに関心があったのである・・・」という文章があり「あっ、それすごい分かります、うんうん」と心の中で相槌をうちました。以前に読んだときには、あまり印象に残らなかったのですが。おこがましいですが、自分と同じような感覚の人がいるんだなと思うと何だか嬉しいですね。こういう出会いがあるので本を読むのは楽しいですね。という、今日のできごと。


f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


「土間で火を囲む家」完成見学会 (2016/6/4-5開催)

相羽建設株式会社はこちら


by ai-labo | 2016-05-24 19:54 | 中村 健一郎 | Comments(0)

お世話になりました

今日をもちまして、相羽建設を離れることになりました。
2008年9月より、モデルハウスの案内係→設計と8年弱お世話になりました。
モデルハウスも西所沢、青葉、椿峰、ちょこっと あいばこと
イロイロなところへ行きました。

一番思い入れのあるモデルハウスは西所沢のモデルハウスです。
現在は販売され、住まい手さんが楽しそうに暮らしておられますが
初めて担当したモデルハウスであり、
私の好きな建築家である田中さん設計ということもあり
とても楽しく仕事ができました。

設計に移ってからは、初めてのことだらけで
城丸課長をはじめ、イロイロな方に迷惑を掛けながら
なんとか仕事をおぼえていきました。

大変なことも多かったですが
どれも懐かしく、楽しい経験です。
ありがとうございました。

 力石由美子

by ai-labo | 2016-05-22 17:00 | Comments(3)

「茨木の家」見学会終了しました

こんにちは、徳田英和設計事務所・徳田です。

先週末「茨木の家」見学会が開催され無事終了しました。
遠方からもたくさんご参加いただき感謝です。

今回は出張パックを利用して、飛行機で現地へ。新幹線の往復料金と変わらない金額で、飛行機の往復+ビジネスホテル1泊朝食付です。便利になったものです。
敷地調査から見学会までに現場に通った回数を集計してみたら10回でした。金額にすると約30万円です。(私の事務所では、交通・宿泊費は設計料とは別途実費を請求させていただいています)

この小さな家の設計監理で何十回も往復していては、クライアントに申し訳ないので、業務を整理し、工事写真も随時送ってもらうなどネットもフル活用して、これまでより大幅に合理化しました。それでも十分なクオリティが出せると確信いたしました。
今後も遠方からの設計依頼があれば、積極的にお応えしたいと考えています。よろしくお願いいたします。

f0264759_1418473.jpg

f0264759_14175538.jpg

f0264759_14174946.jpg


「茨木の家」のクライアントのAさんは、N設計室永田さんと私が共同設計した「常陸太田の家」を気に入ってくださり、当初永田さんに設計依頼をしました。ところが、基本設計の途中で永田さんが亡くなられ、そして私に相談が来ました。
私は設計をそのまま引き継ぐのではなく、ゼロから設計させていただくのであればということでお引き受けし、永田さんの設計案は見ずに設計したのがこの家です。(もちろん後日図面は見せていただきました)
教えをいただいた先生方のマインドは忘れずに、今後も設計していきたいと考えています。

最後に、施工していただいたツキデ工務店の築出さんと、いつも雨樋のスタンダードを使わせていただいているタニタハウジングウェアの谷田さんがブログで紹介してくださったので、リンクを張っておきます。ありがとうございました。

無垢の木の家・古民家再生・新築、リフォーム 「ツキデ工務店」
完成建物見学会 物見台のある「茨木の家」

Yan's diary 茨木の家

築出さんにはこの家の写真をいろいろ撮っていただいているので、いずれ私のブログでも紹介できたらと考えています。


徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161
toku's LIFE GOES ON
by ai-labo | 2016-05-19 14:25 | 徳田英和 | Comments(0)

「緑がつながる庭づくり」大盛況でした!

こんにちは、西尾です。
早々に、お手伝いくださった力石さんより報告をいただいておりますが、
私からも報告させていただこうと思います。

5月15日(日)あいらぼ 暮らしの学校体感ツアー その四「緑でつながる庭づくり」
多くの方にご参加いただきまして、本当にありがとうございました!

今回、あいらぼのイベントとしては3回目となりました「緑でつながる庭づくり」
2014年、2015年のときは、周囲をとりまく環境の緑をみなさんとお散歩しながら体感しつつ我家までご案内し、そのあとスライドで概要をご紹介したあと、お茶とお菓子を楽しみながら、家と庭のつながり…庭と暮らしのつながりを体感していただきました。

今回はイベントの内容を見直して新たな内容となりました。

撮影 / あいらぼメンバー:市川設計 市川さん
+ お手伝いをいただいたみなさま / ツバキハウス 椿さん、相羽建設㈱ 菊池さん、力石さん
c0124100_149757.jpg
なによりも、この家ととりまく緑のつながりを存分に体感していただきました。
これは今までと変わらず、みなさまに自由にくつろいでいただきました。
その場で知合った方同士お話が弾んでいらっしゃるのも印象的でした。
c0124100_1494145.jpg
c0124100_14163399.jpg
c0124100_141052.jpg
c0124100_14101442.jpg
こうして市川さんの撮影した風景を見ていますと、本当に皆さんそれぞれにリラックスしてくつろいでいらっしゃいましたね♡

自由参加 として、午前11:00、午後15:00の2回「ガーデンツアー」をおこないました。
(結果、参加者全員の方にご参加いただきました。)

今回の新たな試みとして、今年10年目を迎えた雑木林の家…9年間の庭と住まいの変化を「ガーデンツアー」と言う形で、どのように考えて作ってきたか…また、そのベースとなった庭づくりの方法、植物に対する考え方などを実際の庭を見ていただきながら紙芝居を交えお話をしながら回りました。
c0124100_14191361.jpg
c0124100_1419351.jpg
雑草とのつきあい方を中心に・・・
c0124100_14195746.jpg
熱心にメモを取ってらっしゃる方もおられます。
お手入れが楽で、どのように植物を引き立てて行ったら 気持ちの良い緑の庭になるのか・・・
c0124100_14201686.jpg
c0124100_1420568.jpg
散策の中でも様々な質問をいただき話が弾みます。
c0124100_14212177.jpg
c0124100_14213595.jpg
少年少女たちにもよい休日になったでしょうか?

私自身、じっくりとこの9年間に向き合ってガーデンツアーの企画を練りました。
いつも以上に手ごたえを感じたイベントでした。
まだまだ、あれもこれも伝えればよかったなぁとの思いがあります。
また、やりましょう!

ありがとうございました。
by ai-labo | 2016-05-17 15:00 | News | Comments(0)

緑でつながる庭づくり

f0264759_10263461.jpg
5/15 暮らしの学校・その四
「緑でつながる庭づくり」
が開催されました。

いつ訪れても素敵な西尾さんのお庭ですが
新緑の頃を迎えて、さらに素敵なお庭になっていました。
f0264759_10263481.jpg
西尾さんのお庭は
イロイロな緑があります。
種類が、といったらよいか
色が、といったらよいか…

私がイロイロな種類の緑を植えたら
こんな調和のとれた庭にならないだろうな~
と、いつも感心するばかりです。

以前、訪れた時にあったお馴染みさんもいれば
あれ、初めてですよね?の植物も。
どんどん変化・進化していく姿が素敵です。
f0264759_10281200.jpg


午前・午後の部とも沢山の方にお越しいただきました。

このお庭をどうやって作ってきたのか、
どうやって維持しているのか
などなど、場所を移動しながら
熱心なお話が続きました。
f0264759_10263483.jpg
参加された方々も、熱心にお話を聞いていました。
年に1度といわず、数回イベント開催してほしい!
という声もあがっていました。

私も是非、開催していただきたいです。
できれば、秋や冬の庭で。

by ai-labo | 2016-05-17 08:40 | Comments(0)

巣箱

こんにちは、設計部 藤村です。

うちの祖母はぼけているため、声掛けが不思議な感じです。
▽苗字はなんでしょう?
▼と、とくがわ~?
▽えー??

入院、歩く練習中。
▼もう帰ってちょうだい。大丈夫よ。
▽じゃあね。
▼先帰ってて。パン買って帰るから!
▽?!

とても元気そう。
▼頭ははっきりしてるのよ!
▽そうだねー。

頭の中が混乱しないようにするのが一番だ!と思ったできごとでした。

そしてこちら、つむじの巣箱。
f0264759_11173012.jpg

中に人が入れるようになっていて小窓から外も見られます。

巣箱は、遠くから歩いていても見えるはず。
ですので、東村山駅から歩いてつむじモデルハウスへお越しの際は、ぜひこちらを目指していらしてくださいね!

□イベント案内
つむじお散歩トーク
2016年5月22日(日)13時~
by ai-labo | 2016-05-16 11:15 | 藤村 志津 | Comments(0)

吉村順三 和風照明


吉村順三さんがデザインした照明が夕暮れ時に穏やかなあかりを灯していました。

家全体を均一な明るさにするのでは無く、暖かい光を必要なところに灯すととても落ち着いた空間になります。

癒されるなぁとつい腰を落ちつけてしまうひと時でした。


f0264759_1742960.jpg

つむじi-worksモデルハウスリビングにて。


設計部 松本
by ai-labo | 2016-05-15 18:20 | 松本 翔平 | Comments(0)

葉っぱを裏から眺めると、、

こんにちは。設計部の中村です。
暖かい季節になり、つむじの緑はすくすくと成長しています。
ちょうどお昼頃、太陽の光を浴びた葉っぱたちを裏側から眺めてみると、、
こんな感じで太陽の光に透けるきれいな葉っぱの様子を見ることができました。
f0264759_16535073.jpg
f0264759_16540009.jpg
f0264759_16541117.jpg
f0264759_16542172.jpg



f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


相羽建設株式会社はこちら


by ai-labo | 2016-05-13 07:00 | 中村 健一郎 | Comments(0)