<   2015年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

藤森照信さん設計の「たねや」新店舗

こんにちは。

しまだ設計室の島田です。

今日は東京では雪でしたね。

先日大阪出張の帰りに、
近江八幡市にできた、お菓子屋の「たねや」の新店舗に行きました。


f0264759_17174062.jpg


設計は藤森照信さん。

利便性を考えれば、
建物のすぐ近くに駐車場をドカッと設けるでしょうが、
このお店は写真の手前部分に大きな駐車場がつくってあり、
建物の前には大胆にもこんなに広い緑のスペースを設けています。

美術館ならわかりますが、
お菓子屋さんでこの感じはすごい。
建物の佇まいも引き立ちますね・・・。



f0264759_17265928.jpg



f0264759_17273830.jpg


f0264759_17275699.jpg



内部も幻想的。

建物も素晴らしいですが、
ここのバームクーヘンは有名なだけあって
とてもおいしい!

さらに園内を歩いていると、植栽管理をしているお兄さんたちが
「こんにちは!」と元気よく挨拶してくれたり、
いい会社だな・・・と感じました。

店内は平日にもかかわらず、
焼き立てバームクーヘンが食べられるカフェや
つくりたてどら焼きにも行列ができていて、
とてもにぎわっていました。

いろんなところに気持ちが入っていて
ちょっと幸せになれる場所ですね。
by ai-labo | 2015-01-30 17:28 | 島田 貴史 | Comments(2)

Let's Plan!

相羽設計部の城丸です。

先週末は、相羽設計部主催の家づくり学校。その名も
「Let's Plan」マイホームのプランを考えよう! を開催しました。

実際にホワイトボードを使って、中村君にライブ講義をしてもらいました。
f0264759_21195545.jpg


今回のポイントは2つ。
「敷地を読む」と「抜けを作る」

「敷地を読む」は、
建物が建った時、その周りの環境をどう上手に活かせるか、
新しく出来た住まいが、周りにどんな影響を与えるのかなどを考え、
住む人、ご近所さん、自然などを どううまく繋げるようにできるかを感じ取る事。
建築家の中には、敷地からの声を聴く。なんて表現をする方もいます。

「抜けを作る」は、
太陽の光や風、視線などが、出来るだけ遮らないようにする工夫。
窓の位置関係や、部屋の取り方、どう見えるかどう見通せるかなどを考えて
極力よけいなものを無くした開放的な家を設計する手法です。
そのような間取りの事を広がり間取りと呼ぶ人もいます。

今回はその2つをテーマに、実際にパズルを使ってプランをして頂きました。

f0264759_21295173.jpg

f0264759_21293822.jpg


真剣にプランを悩まれる皆様を見て、住まい作りの要望を整理する機会にすこしでも
お役に立てたかなと安堵するとともに、設計することの楽しさを実感できました。 楽しかった!

f0264759_214244100.jpg



次回の設計部主催のイベントは何がいいかな~・・・



建築家が行う暮らしの学校は、只今あーだこーだと思案中 今年もたのしいイベントをご用意して
建築ってたのしい!と感じていただけるようにがんばっていきます。お楽しみに!

8人の建築家 あいらぼ
by ai-labo | 2015-01-27 22:07 | 城丸 智也 | Comments(0)

「What's NEW?!」

こんにちわ。設計部の菊池です。
時たま、普段何気なく素通りしている、何でもない様な物が
ふとした瞬間目にとまることがあります。
印象深いものはこちら。
f0264759_19244918.jpg

ただのペットボトルです。
雑誌に載っている様な部屋には何とも不釣り合いな物です。
この時は沢山のボトルがひとつの模様に連なって見えて
きれいだな、とぱしゃり。

醜いモノ、ぱっとしないモノというのはなかなか無いのでしょう。
マジョリティとマイノリティをベースに、
その時の気分と価値観で決まるのかなと。
原宿にいるおとぎの国からやって来た女の子たちも、
吉祥寺の紅白しましまハウスも。
それぞれが、どうだ!と胸を張っていますし。

そんな価値観を左右させる、
流行というものの力は凄まじいな、と感じます。
「今流行りの○○が熱い!」と宣伝に煽られて買った
あのお洋服も、あの雑貨も、あの食べ物も
きっと来年にはお役御免で。
次の流行りがやってきたら、まだそれなの?と
「遅れてる」印のはんこがもれなく貰えます。

そんなコマーシャルは小耳に挟む程度に留めておいて、
流行りに縛られない自分のひとしなを
手に入れられたらいいな、とも思います。

そんな中、
すでに「流行り」の看板を剥ぎ取られてしまった空間や
経年劣化してしまった建物を生き返らせる「リノベーション」に
流行りの矛先が向いてきたことに「すぐに飽きるなよ?」と思いつつ、
個人的にはふふふ、と思うのです。
by ai-labo | 2015-01-26 19:48 | 菊池 潤 | Comments(0)

増殖中

f0264759_20431356.jpg
1月25日(日) Let’s Plan!」-レッツプラン!-のイベントで使うキットをいろいろ増やしています。
by ai-labo | 2015-01-23 20:43 | Comments(0)

Let’s Plan!」-レッツプラン!-

1月25日(日) Let’s Plan!」-レッツプラン!-というイベントを開催します。

相羽建設 設計部が先生となり
お客様に間取りをつくる設計体験をしていただく
ワークショップです。

家づくりに対する漠然としたイメージはあるのだけれど
具体的にどうしたら「自分らしい暮らし」ができる家になるの??
大きさは?お庭は?…などなど
疑問がたくさんある、という方に
ぜひご参加していただきたいイベントです。

家づくりに対する相羽建設の思いなどを
お話しさせていただきながら
↓の写真のような
f0264759_11395981.jpg
キット(こちらは試作・第1号です)を使って間取りについて考えていただく予定です。
(↓こちらは実際に使ってみた様子です)
f0264759_11394618.jpg

難しい作業はありませんので
ご気軽に参加していただければと思います。


▲イベントのご予約はお電話(☎0120-145-333)か
  メール(mail@aibaeco.co.jp)にてお願いいたします。
by ai-labo | 2015-01-20 11:42 | Comments(0)

素敵なママ

今日、小平で開催していた完成見楽会へ行ったところ
たまたま、お施主様とお会いすることができました。
f0264759_2242738.jpg

購入したごみ箱が、キッチン下に置いた状態で
フタが開閉できて、かつ、ごみを捨てることができるか
を検証にやってきたそうです。

結果は、写真の通り問題なし!
青葉町のモデルハウスで使用しているごみ箱は、
フタを開けると、幕板にカツンとあたってしまい
ごみが捨てにくいのです。

そういうことがないよう、キッチン下に置いた状態でも
ごみが捨てやすいモノを探されたそうです。

問題は、キャスターがないことだそうです。
なので、底にすべりをよくするモノを貼付け
問題を解決するとのこと。
さすが、素敵なママは違います。

simplehumanのバタフライカンというごみ箱で
フタを開けた状態で、高さ58cm(20Lサイズ)だそうです。
by ai-labo | 2015-01-18 22:27 | Comments(0)

四歩

f0264759_8215763.jpg
以前から気になっていた
三鷹にある小古道具店 四歩へ行ってきました。
同じグループ店?の
DAILIESへは行ったことありましたが、
こちらの四歩はHPで見ていただけでした。

調布へ行く用事があったので
ついでに寄ってみました、歩きで。
(今年の目標は、車に頼らず自分で移動です)

思っていた以上に、こじんまりとしたお店でしたが
入口に積み上げられていた りんごの木箱や
牛乳瓶に入った消臭芳香剤 など など
ぐっとくる商品が所狭しと並んでいました。


そして楽しみにしていた、お昼ご飯!もこちらでいただきました。
今回は日替わりランチを頼みましたが、
次回はおにぎりセットを食べようと、心に誓っています。
by ai-labo | 2015-01-17 08:40 | Comments(0)

ぽっぽ焼き

あけまして、おめでとうございます。
やっと後厄がぬけた設計部の城丸です。
ほっと一安心。

お正月休みは実家に帰って年を越し、親戚をまわるというのが
決まりごとになっていて、今年も実家である新潟へ帰りました。
そして、初詣に。
f0264759_14542354.jpg


新潟県民なら、あるあるネタですが、「ぽっぽ焼き」という謎の屋台にだけ
行列が必ずできます。焼きそばや綿菓子などは並ばなくても買えるのですが
このぽっぽ焼きは、絶対に並ばないと買えません。
新潟県民の謎のソウルフード。
f0264759_14543646.jpg

f0264759_14544481.jpg
f0264759_14545321.jpg

おいしいかどうかといえば、・・・・・どうというものでもない気がしますが
お祭りでしか買えない特別感が、思い出の味として記憶にのこるのでしょうね。
(ちなみに、中には何もはいってない普通のカステラ?のようなもの)

なにかとファストファッションが流行ってますが、
飾らなくてもずっと必要とされるストーリーのある「特別」なことを大事にして、
この1年、がんばって仕事をしていこうと思います。

見楽会のご案内!

「素敵なママになれる家」完成見楽会
日付:1月17日(土)-18(日)
時間:10:00-17:00
設計:相羽建設/松本(木造ドミノ)
会場:東京都小平市(案内図をお送りします)
*駐車場あり。 どなたでもご自由に見学できます。
by ai-labo | 2015-01-14 14:59 | 城丸 智也 | Comments(0)

「2015年、新春。駅伝走者がついに年下になってしまいました。」

こんにちわ。設計部の菊池です。年男です。

ついに本厄と呼ばれる年が回ってまいりました。
とはいえ不信心一家である菊池家はまったく気にしません。
大吉だって今年で4回連続引き当てております。
花より団子という素晴らしい言葉があります。
お祓い代はいつか来るであろう回らないお寿司のために取っておきましょう。

「お正月休み」というイベントを実感したのは去年に続き2度目です。
(高校までは数に入れていません。
お正月休みのありがたみを解っておりませんでした。)
大学では毎年年明けに課題提出なので年末年始は阿鼻叫喚。
そして4年目にしてようやく卒業制作が年内提出であったため
晴れてクリスマスとお正月休みのダブルご褒美を味わえたのでした。

ということで久々に祖父母の家に連泊することに。
身内が集まり、ご飯を食べながら紅白とガキ使を交互に見るという荒業。
祖父:「最近の歌手わからん」
母:「あのお仕置きする黒い人やってみたい」
おば:「中島みゆき歌うから早く!」
たったこれだけのことでも意外と楽しい。
共有の楽しさ、でしょうか。
なんだかんだでテレビは偉大です。

f0264759_1473537.jpg

蹴上200踏面220のただの階段。
そんな祖父母宅で大好きな場所のひとつ。
狭い場所が苦手だというのになぜか落ち着く場所。
リビングから聞こえる会話をラジオ代わりに
よく人里離れてここで本を読んだりしていたものです。

残していきたい大好きな場所。
by ai-labo | 2015-01-13 20:47 | 菊池 潤 | Comments(0)

年賀状

1月も瞬く間に10日になりましたが、あけましておめでとうございます。
ツバキハウス 椿です。

今年も素敵な年賀状をたくさんいただきました。

わたしの年賀状は、というと・・・
子供のころから30歳くらいまで、せっせと多色刷りの版画で年賀状を作っていましたが
しだいにCADでイラストを書いてプリンターで印刷
ここ数年は写真にちょろちょろっと文字を書いて・・・というパターンになっています。

今年の写真は・・・熱海で撮影した日の出の写真
f0264759_20115662.jpg

でもこれは日の出直前の写真で、実際の日の出の瞬間はこちら
f0264759_20124277.jpg

日の出の直前の空は深い青色で、この空の色をお伝えしたくて、年賀状にしました。

ではこの写真どこで撮ったのか?というと、年末に熱海の大観荘へ泊まり撮影しました。
f0264759_2014478.jpg

横山大観さんが泊まったことで有名な高級旅館ですが
姉のご招待で泊まることができました。(姉さま、ありがとう!)
f0264759_20152649.jpg

お庭もすばらしいです。
f0264759_20161100.jpg

海が見える客室のお風呂。
f0264759_20165310.jpg


こうした旅館やホテルの空間を体感することも大切だなあと感じました。
そういえばどこかの設計事務所さんも忘年会をやっていました。
なかなかいつもは泊まれませんけどね・・・

そんなこんなで、今年も時々登場しますので、よろしくお願いいたします!
by ai-labo | 2015-01-10 00:00 | 椿 千賀子 | Comments(2)