<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

来年も

今年も一年お世話になりました。
相羽建設・設計部は明日より1月4日まで
冬季休業に入ります。

来年も、あいらぼ・設計部でいろいろなイベントを企画しております。
お楽しみに。


◆1月のイベント◆
1月17日(土)-18(日)
素敵なママになれる家

相羽建設・設計部による設計の完成見楽会です
*時間:10:00-17:00
*駐車場あり。 どなたでもご自由に見学できます。

1月24日(土)
住まい手訪問会「ミズニワハウス」

あいらぼ・島田さん設計のお宅でのイベントです
*薪ストーブ火入れは10時予定!
*しまだ設計+AIBAによる「トークセッション&薪ストーブ体験」
       →11:00~/15:00~ ご予約不要です。お好きな時間にお越しください。
*駐車場あり

1月25日(日)
「Let’s Plan!」-レッツプラン!-

相羽建設・設計部が先生となって、実例をもとにプランの考え方をご紹介します
*時間:10:00-12:00
*8組(要予約)
*駐車場あり
by ai-labo | 2014-12-26 09:27 | Comments(0)

お店発見

昨日、吉祥寺へ買い物へ行きました。
朝起きて、そうだ吉祥寺へいこう と思い立ち
すぐに着替えて家を出たので
お昼どこで食べようか などまったくのノープラン

土地勘がないわけではないので
行き当たりばったりでどうにかなるでしょう
と、甘い考えでいたのですが
好きな文房具店は定休日
行きたいと思っていたワッフル店はみつからず
(さきほど調べたら、こちらも定休日でした)

そんな、意気消沈している中
新しいお店を発見
f0264759_8505654.jpg門とお店のロゴが目を惹いたので
思い切って入店

ヨーロッパのアンティーク家具や古着と共に
日本の作家さんの器などが扱われてました。

マグカップ(おそらく沖縄の作家さん)と
ガラス戸付の棚(日本のもの)が
気になったのですが
棚はディスプレイ用で非売品
マグカップは置く場所がないので断念

今回は何も買えず残念でしたが、
お気に入りのお店が増えました。

Vada
4か月ほど前にオープンしたお店だそうです!
ヨドバシカメラの裏あたりにあります!
by ai-labo | 2014-12-25 09:06 | Comments(0)

炎のある暮らしを体感しよう!

こんにちは、城丸です。

先日の日曜日に
あいらぼメンバーの島田さんによる
冬の暮らしの学校
「炎のある暮らしを体感しよう」を開催しました。
f0264759_1743965.jpg


ペレットストーブの長所と短所、ランニングコストや設計での注意点等
とても丁寧に説明して頂きました。



そして、お楽しみのチョコフォンデュ
f0264759_17483314.jpg

f0264759_17492974.jpg

あいらぼメンバーの市川設計の市川さんと、スモールスペースの平間さんが
応援に駆けつけ、チョコフォンデュのセッディング中。
チョコレートをペレットストーブで溶かす際に、生クリームをすこし入れるのがコツ。


ペレットの説明のあとは、ストーブについての質問や建物についての説明などがあり
とても和やかな雰囲気。
f0264759_17565276.jpg

f0264759_17572762.jpg



建物の性能を上げる事だけに意識が向くより、
ペレットストーブや薪ストーブのような暮らしを楽しむということについて
意識を向けて設計するほうが、設計していても楽しい。
もっと暮らしが楽しくなるような設計を目指し、日々努力していきます。


そして、次回のストーブのイベントは!
f0264759_1833577.jpg


薪ストーブのある住まい手の訪問会
2015.1.24(土)開催です。

ぜひ、ご参加ください。

設計者グループ あいらぼはこちらから!
by ai-labo | 2014-12-16 18:04 | 城丸 智也 | Comments(0)

「うちの子が一番」

こんにちは。
設計部の菊池です。
もさもさ。
f0264759_18162930.jpg

念願の子が我が家にやってきました。
その名も「プラティセリウム・ビフルカツム」。
またの名をビカクシダやコウモリランと呼ばれています。
ひらひらした葉っぱに一目ぼれしてお迎えしました。
「ビフさん(仮)」と名付けましょう。

ビフさんは大木の幹に居候して育つ、まるでふじつぼの様な子。
幹によっこらしょ、と乗っかている故に根が無いのだとか。
その代わりに水と貯める葉っぱを備えて
毎日を過ごしているそうです。

調べてみると、天井や壁が丈夫であれば
ワイヤーでつるしてディスプレイすることも多いそう。
そうなのかとグーグル検索で見てみると
なるほどクラゲの様な佇まい。

f0264759_20311933.jpg

こちらは「チランジア・キセログラフィカ」さん。
「キセさん(仮)」としておきましょう。

よくエアープランツなんて言葉を聞いたことがありませんか?
大体のプランツはチランジアという品種なのです。
この子はそのチランジア界の中でもメジャーな種で
「ゆるふわくりくり」な葉っぱと王冠の様な姿が人気の理由。

キセさんも根を持ちません。
こちらは体全身で水を吸収する大胆なひと。
水を得るためにそれぞれの変化をしていくとは
摩訶不思議ですね。

根は「持つモノ」から「持つモノの選択肢の一つ」へ。
根以外にも水を吸える部分があるはずだ。
なるほど。

ところで「ビフさん」「キセさん」と仮称を付けたら
一気に愛着が湧いて参りました。
そう言えば母親が「むナンバー」であることから、
実家の車のことを事あるごとに
「むーちゃん」と呼んでいたことを思い出しました。
名付けグセのある菊池家。
by ai-labo | 2014-12-15 21:12 | 菊池 潤 | Comments(0)

鯨尺

以前、ほかのブログでも紹介されていましたが、
「尺」といってもいくつか種類があることはご存知でしょうか?

大工さんが使う尺と
和裁士(着物を縫う人のこと)が使う尺は
長さが違うのです!

↓上が鯨尺で下が曲尺です
f0264759_971324.jpg
f0264759_972668.jpg

鯨尺の1尺は37.8cm
曲尺の1尺は30.3cm
(曲尺については 現場のことは俺に聞け!尺の話
詳しく紹介されていますので、そちらをご覧ください)

私の母は和裁士をしていたので、鯨尺を使っています。
普段の生活でも鯨尺を使っているので
長さをcmで伝えると寸になおして
これくらいねぇ~と納得しています

寸、尺をcmになおす時、二人の答えがあわないなぁと思っていたら
母は鯨尺、私は曲尺で計算していました。

着物など注文する際はご注意を!
by ai-labo | 2014-12-13 09:06 | Comments(0)

炎のある暮らし

今月の14日、しまだ設計室さんで
ペレットストーブの暖かさを体感していただくイベントを開催します。

 ↓ こちらは今年の1月に開催した時の写真です
f0264759_1393213.jpg
f0264759_131016100.jpg
 ↓ これが燃料となるペレットです
f0264759_13104188.jpg
 ↓ そしてこれが煙突
f0264759_13111614.jpg
薪ストーブの煙突よりもかなり小さめです
多摩湖町モデルハウスの薪ストーブと比較してみてください


詳しいイベント情報は
「炎のある暮らしを体感しよう!」~冬のあいらぼ企画~をご覧ください。

今回のイベントは事前のご予約を!
お電話(☎0120-145-333) メール(mail@aibaeco.co.jp)にて受付中です
by ai-labo | 2014-12-06 13:55 | Comments(0)

地球の会in大阪

こんにちは、相羽設計部の城丸です。
12月の2・3日に地球の会主催の
工務店設計勉強会に参加する為
大阪のコアー建築工房さんに来ています。
f0264759_9182633.jpg



モデルハウス見学や住まい手宅の見学、
そして座学での勉強会と
盛り沢山で、とても学ぶことの多い
2日間です。
他社がどのように設計しているか
どのようにプレゼンテーションしているのかなど
なかなか知ることが少なく、
またコアーさんは同じOMソーラーの会社なので
OMの住まいの工夫などを体験し、
勉強になるなと思うと同時に親近感も湧いて来ます。


コアー建築工房の事務所に併設して
日替わりのワンデイカフェがあり、
お客さんがランチをしていて、
相羽建設でも地域
食を通して繋がれたらと思っている所なので
とても参考になりました。
f0264759_9185813.jpg

f0264759_9202090.jpg

by ai-labo | 2014-12-03 07:12 | 城丸 智也 | Comments(0)

「……ぴん」

こんにちわ。設計部の菊池です。
あっという間の季節です。
f0264759_20325930.jpg


先日、多摩川沿いの競輪場で開催された
「東京蚤の市」に行って参りました。
古道具を主に扱うフリーマーケットの様なものです。
日本中から200を超える古道具屋が出店しており、
それはそれはあやうく失神寸前の、
目からも涎が出てきそうなラインナップでございました。
写真をほとんど撮っていない、というこの集中ぶり。

会場内には以前にブログで書いた
「はいいろオオカミ」さんの姿も。
こちらのお店がきっかけで、
近頃は菊池の中で植物熱が大沸騰しております。
不思議な形の植物とロシアの渋い古道具で
ブースは大盛況でした。

残念ながら当日の午前中の天気は強い雨。
会場を傘を片手に歩いていると、開けた場所に出ました。
f0264759_20333261.jpg


雨曝しで古家具たちが広場に整列している不思議な光景。
一瞬で目を奪われ、どこの店かと看板を見てみると
黒板に「仁平古家具店」の文字が。
先日、あいらぼメンバーの椿さんが
このブログで取り上げていたお店です。

ざんざん振りの雨にも動じずに構える店員さんにあっぱれ。
そしてずぶ濡れごときで商品価値の下がっていない
古道具たちのオーラにびっくりして、その場で「毎度あり」です。

「運命の出会い」という現象は中々にあるものだと感じます。
こういった雑貨類から人生の伴侶にまで。
(後者は流石にまだ見つかってはいませんが。)
例え、お金があって今日は何か買おうと思い立ち、
手に取っても少し違うな、となれば冷めてしまったり。
その中で「はっ」と射抜かれるものがあると
やはりぴん、と頭の中で音がしますよね。

いったいどの様な原理でぴんと来ているのか、
何が決め手でぴんとさせているのか。
あなたの頭をぴんぴんさせてみたいと思う今日この頃。
by ai-labo | 2014-12-01 20:38 | 菊池 潤 | Comments(0)