カテゴリ:石原 朋子( 3 )

日本におけるゴシック様式

デザインガレージの石原朋子です。
先日、休暇をいただいて天草から長崎を旅してきました。雄大な自然と美しい海、教会群などをゆっくり観てまわり、温かい人々や天気にも恵まれて充実した旅となりました。

f0264759_14243126.jpg中でも建築では天草の崎津天主堂(写真右)と、長崎の大浦天主堂(国宝、正式名称は『日本二十六聖殉教者天主堂』)が深く印象に残りました。
崎津天主堂は小さな漁村にある畳敷きの教会。さすがに現在は床座がつらい方も多いのか、畳の上に椅子が並べてありましたが... 集落はこじんまりとした雰囲気があり、裏の小高い丘に登ると素晴らしい眺めを一望できます。
大浦天主堂はご存知の方も多いことでしょう。詳しい説明は公式サイトにお任せするとして...

f0264759_14452346.jpg不思議だったのは、特に大浦天主堂で木材による内装がとても自然に感じられたこと(写真左、教会HPより)。建物規模や装飾の各寸法に、石造とはまた違った、威圧感のない良い意味での繊細さが感じられ、それでいて全体はやはりゴシック様式なのです。とってつけたような強引なデザインだったり、ただの真似という印象でなく、なんとも言えずしっくりきて、こんなことができるんだ!と静かに驚いたのでした。ちなみに構造はレンガ造だそうです。

実は以前ある仕事の依頼で、木材による"ゴシック的なるもの"に挑戦したことがあったのですが、ゴシックを勉強すればするほど、素材(石)と構造技術と装飾が切り離すことのできない一体化したものに感じられ、数年考え抜いたあげく、ただ表層的に…"ゴシック風に"…デザインすることに困難を感じてお断りした経験がありました。

レンガ造であることにもしっくりきた訳がありそうですが、それだけでなくもっと全体的な要因があるような気がします。今後具体的に追求していきたいと思います。
それにしても約250年、約7世代にわたって信仰を伝えてきたその精神力には敬服です。
by ai-labo | 2013-08-14 15:03 | 石原 朋子 | Comments(0)

山を歩く

こんにちは。デザインガレージ・石原朋子です。

先日機会をいただき、長野県から岐阜県にまたがる国有林を歩いてきました。この国有林は『神宮備林』といって、伊勢神宮の式年遷宮用のヒノキを育成している林です(入山には許可が必要です)。使われるヒノキは20年に一度、1万本以上。いずれも樹齢200〜300年の樹ですから、安定供給のためにまったくもって壮大な計画が長い間続けられているというわけです。

元林野庁の方から興味深い話をたくさんうかがいながら自然林と植林の山を歩き、中でも自然林の樹々の力強さ... 植林のそれとはまったく違う存在感、個性、迫力に大変感動して帰路につきました。
植林した林でなぜ間伐が必要か。
親も同じ、植えられた時期も同じの兄弟苗木はなかなか自然淘汰が起こらないからだそうです。それに対して自然林では種はたくさん落ちても強いものが生き残っていく。まったく手を入れずともほどよい距離感、大きさ、個性が出て、その違いが樹の姿にも年輪にもはっきり現れてくるのだそうです。
建築材料となると均一さが求められることが多く,個性とばかり言っていられませんが・・・

数百年単位で山と共に生きる人々の思考の壮大さにも触れ、正直に言えば子連れでちょっとしたハイキング気分で出かけたのですが(^^; もっとも身近な材料である『木』を通じて、思いがけずいろんなことを考える機会となりました。

f0264759_11115513.jpg

by ai-labo | 2013-06-05 11:33 | 石原 朋子 | Comments(0)

はじめまして。石原です。

デザインガレージの石原朋子と申します。
東京都武蔵野市在住、年に似合わずまだ子育て真っ最中のなか、吉祥寺を拠点に設計活動をしています。

f0264759_10124412.jpg私はOMソーラーの考案者である奥村昭雄先生の設計事務所に16年勤め、独立。新卒当初は右も左もわからない状態でしたが、石の上にも16年・・・じゃなかった、普通の人は3年でわかるところを時間がかかりつつ、ようやく今に至りました。刺激的なデザインも好きですが、住宅でいえば、長い人生の中で元気な時も落ち込んだときも帰ればホッとできるような空間を作りたいと思っています。

そんなわけでOM発足時からの相羽建設さんとのお付き合いはなんと四半世紀になります。バイクと自転車、ちょっと古めの音楽アンサンブルを愛好する40代です。

吉祥寺駅は今大改装中でかなり複雑ですが、来年ユザワヤビルが完成する頃には様変わりする予定です。伊勢丹跡のコピス吉祥寺やハモニカ横丁も楽しいし、ぜひお出かけ下さいね。
それでは今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
by ai-labo | 2013-04-15 10:38 | 石原 朋子 | Comments(0)