カテゴリ:中村 健一郎( 62 )

白磁の紙巻器

こんにちは。
設計部の中村です。

2015年もすでに半年が過ぎようとしていますが、本年初投稿です!ひと月に2回は投稿しようと思っておりましたが、思っていただけでした。。2015年後半はもう少し頑張ります。

さて、今日は紙巻器のご紹介です。下の写真は自宅の紙巻器です。以前、自宅のトイレにはTOTOの古い樹脂製の紙巻器が付いていましたが、もう少しデザインされたものが欲しいなぁと思っていました。少し前に、ご近所のこいずみ道具店さんにお邪魔したときに、「白磁のトイレットペーパーホルダー」という商品をご紹介頂きました。樹脂の白とは違う、白磁の深みのある白が気に入って購入しました。取り付けてみると、壁のペンキの白ともうまくなじんいるようです。それと、ブナの芯棒を支える白磁部分が手のようにも見えて、かわいらしいですね。

f0264759_17221960.jpg


f0264759_1722345.jpg

今日は紙巻器をご紹介しましたが、紙巻器一つだけでもお気に入りのものがあると、トイレを使うのがちょっと楽しくなりますねー。



f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村
by ai-labo | 2015-06-07 18:01 | 中村 健一郎 | Comments(0)

4110

f0264759_19262574.jpg

こんにちは。
設計部の中村です。

先日お引渡しをさせて頂いたお住まい。所要でお邪魔すると、大工の手のダイニングテーブルに、お客さんが購入されたダイニングチェアが4脚置かれていました。シンプルでさりげないけど、只者では無いな、、という存在感。

お客さんに、この椅子は4110という名前であることを教えて頂きました。どんな椅子なのか調べてみると、1950年代にデンマークのカイ・クリスチャンセンさんがデザインしたものだそうで、生産が中止されてからもヴィンテージ品が世界中で愛用されているそうです。ただ、こちらの椅子はヴィンテージではなく、宮崎椅子製作所さんが復刻品として製作されたもの。いまはデンマークでは製作されていなく、日本の宮崎椅子さんだけが製作をしているとのこと。

4110のことを調べてみて、良いデザインがあっても作られなくなってしまうこともあるし、逆に良いデザインがあれば国を越えて作り継がれることがあるのだなと、もの作りが繋がっていくことって何か良いなぁと感じました。デザイナー、作り手、使い手、誰かが欠けると止まってしまうけど、それを埋める誰かがいれば、またつながっていくんですねー。



f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村
by ai-labo | 2014-11-29 08:40 | 中村 健一郎 | Comments(0)

空と麦と

こんにちは。
設計部の中村です。

今日は先日のお休みで恵比寿をぶらりしたときに発見したお店を紹介します。恵比寿駅から徒歩7〜8分ほどのところにあるベーカリー&カフェ「空と麦と」。素朴なパンとすっきりコーヒーが美味しかったです。お店には、赤ワインのようなコーヒーと書いてありましたが、確かにそんな感じがしました。赤ワインほとんど飲まないのですが、、ひと時の休憩には丁度よいお店。

f0264759_925911.jpg




f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


相羽建設株式会社はこちら
by ai-labo | 2014-11-05 09:17 | 中村 健一郎 | Comments(0)

PERA

f0264759_1048441.jpg
写真は高岡銅器団地協同組合さんより拝借


こんにちは、中村です。
ついに買ってしまいました。
中村好文さんデザインのペンダントライト「PERA」。

これまでは天井付の大きな蛍光灯の下で生活をしておりました。大きな蛍光灯照明は部屋全体を均一に明るくしてくれる良さがあるのですが、一方で、空間に陰影を付けたり、キャンドルを灯しているような暖かみや柔らかさをつくるのは得意ではありません。

建築家・永田昌民さんが本の中で「食卓のあかりは、皆で囲むことのできる点であってほしい」「おだやかに、控え目に照らしてくれる月のようなあかりがほしい」と書かれていました。そんなことをイメージしながら、住宅の設計をしていますが、自分も日々の生活の中で実感したいと思い、安いものではないですが、買ってしまいました。

白熱灯のペンダントライトのある食卓、暮らしがとっても楽しみです。



f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


相羽建設株式会社はこちら
by ai-labo | 2014-08-09 11:25 | 中村 健一郎 | Comments(0)

日々用品

こんにちは、中村です。
暑い日が続き、ついついアイスを食べすぎてしまう今日この頃です。

f0264759_10390104.jpg

さて、今日は最近読んだ本を紹介します。石村由起子さんの「くるみの木の日々用品」です。石村由起子さんは、奈良県にあるカフェ「くるみの木」、ホテルやレストラン等がある「秋篠の森」のオーナーで、料理、器、雑貨、家具、建築、街づくりなど生活に関わる様々なモノのデザインに携わっている方です。一度、秋篠の森に宿泊したことをきっかけで石村さんのことを知り、そのホテルやレストランの雰囲気や設えが気に入り、それ以来、石村さんのファンになってしまいました。

この本は、石村さんが日常的に使っている器、調理道具、食品、雑貨などが54点写真付きで紹介されています。作家さんの手づくりのもの、くるみの木で販売しているもの、デパートなどで購入できるもの、様々あります。僕はこの本の中に出てくる、つちや織物所のティッシュケースが気に入って、家で使っています。シンプルで素朴なものが好きな方は、何か気に入るものが見つかるかもしれません。本を通して新しい物と出会うのも、なかなか良いものです。

また、先日、代官山蔦屋書店で行われた本の出版記念のトークショーに参加してきました。はじめて石村さんにお会いして、話を聞いて、この本で紹介されているような生活の物が本当に大好きな人なんだなぁと、そういう人に出会えたことを嬉しく感じました。トークショーの内容まで細かくお伝えできませんが、話の中で「手間がかかるモノのほうが大事にしようと思う」「日々の家事仕事の中で、こうだったらいいなぁと思うものをつくっています」「気持ちが喜ぶもの」「喜んでいただきたいということが根っこです」こんな言葉がありました。モノに対しての考え方や想いは人それぞれだとは思いますが、相手の気持ちが喜ぶもの、自分の気持ちも喜ぶもの、そんなものづくりをしていこう、と思ったのでした。


f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村



by ai-labo | 2014-07-24 13:23 | 中村 健一郎 | Comments(0)

バナナムーン

こんにちは、中村です。
暑さが増し、朝家を出る時に、半袖にしようかな?でも、まだ長袖かな?と小さなことに頭を悩ませています。

f0264759_16230092.jpg

さて、先日会社の研修で長野へ行く機会がありました。街並みやいろいろな建築を見てきましたが、その中のひとつをご紹介します。この黒くて細長い倉庫のような建物は、安曇野市にあるミュージアムカフェのBANANA MOON(バナナムーン)です。成瀬政博さんという雑誌・週刊新潮の表紙絵を描かれている方の表紙絵の原画が展示されています。内部の撮影はNGということで、写真がないのですが、、美術館ですが住宅のようなスケールと落ち着きのある空間でした。山の緑と光を柔らかに感じながら、ゆったりと過ごせる場所です。展示を見終わった後にカフェでバナナジュースを飲むのがお薦めです。もし安曇野に行かれたときは立ち寄ってみてください。


f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村





by ai-labo | 2014-05-29 16:22 | 中村 健一郎 | Comments(0)

大工の手

こんにちは、中村です。
今年の花粉はたいしたことなかったなぁ、なんて思っていたら、昨日から鼻がムズムズしはじめました。ヒノキ花粉でしょうか。皆さんもお気をつけください。

さて、今日はdaikunoteという活動のご紹介をさせて頂きます。相羽建設は、家具デザイナーの小泉誠 さんとdaikunote (大工の手)という家具づくりを行っています。この家具は「大工の手」という名前からも分かるように、大工さんが作る家具なのです!

・・・で、大工さんが作る家具ってどういうこと?と思われるかもしれません。一般的には、大工さんは家を建てますが、家具まで作るイメージは無いかもしれません。家具は、新築時にカタログから選ぶものだったり、家具店やホームセンターで買うものとイメージする人が多いかもしれません。相羽建設では、注文住宅を行っている中で、棚やカウンター等をお客さんの使い方に合わせて設計し、大工さんが手作りしています。逆に言えば、家具まで作れる大工さんに家づくりに関わってもらっています。そうした大工さんが作る家具は、既製品の家具を買うより、手間がかかります。量販店の家具に比べれば、お金もかかるかもしれません。でも、手仕事だからこその良さもあります。

また、現在の大工さんを取り巻く状況は決して恵まれているとは言えません。家具まで作れる、木を扱える技術があるのに、その腕を活かす場がどんどん減ってきています。大工さんになろうという若い人も減り、技術の継承も危ぶまれています。

それではいかん!ということで、もっと手仕事の良さを知ってもらおう、皆で私たちの生活の基盤をつくってくれている大工さんを応援していこう、という想いで、この活動をはじめました。そして、私たちの想いや大工さんの技術だけでなく、きちんとデザインされたものとして作っていこうということで、小泉誠さんにデザインをして頂いております。

そのdaikunoteの家具が形になりまして、お披露目をしましょうということになりました。4/19(土)に青山のライトボックススタジオ で展示を行います。14時より小泉誠さんのトークショーもありますので、興味のある方、お近くに用のある方、見に来てくれたら嬉しいです。

展示会の詳細はこちら
http://www.wazawaza.or.jp/ 

f0264759_16550070.jpg



f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


相羽建設株式会社はこちら




by ai-labo | 2014-04-17 18:07 | 中村 健一郎 | Comments(0)

MARKS&WEB

こんにちは、中村です。
通勤途中の桜並木を見ながら、桜ってきれいだなぁ、と癒されている今日この頃です。さて、桜の話とはまったく関係のない、シャンプーの話をしようと思います。

皆さんは、日頃どんなシャンプーを使われていますか?僕は、MARKS&WEB という会社のシャンプーを使っています。もともとは、こだわりなくいろいろなシャンプーを使っていましたが、もっとすっきりとしたシンプルな容器に入ったものはないかな~と思っていました。ある日、デパートをぶらぶらしていると、良い雰囲気のお店を見つけました。そこが、MARKS&WEB で、棚に置いてあるシャンプーを見て、これはいい!と一目惚れしました。で、実際に浴室に置いてみると、やっぱりいい。写真に写っているのがそのシャンプーやコンディショナーです。

f0264759_10161028.jpg

f0264759_10174431.jpg
※写真は、私の家のお風呂、ではないです、、、以前に宿泊したホテルの浴室です。

ただ、シャンプーの本質は、見た目ではなく中身です。見た目だけではいけません。で、実際に使ってみると、控え目なハーブや花の香りが何とも心地よい。疲れているときにはより効果的です。またあのシャンプーを使いたいなぁとお風呂に入るのが楽しみになりました。このような話をしていると、ますます草食系だと言われそうですが、、、こういう小さなところでも、家の中でリラックスできるポイントがあるのは良いものですね。


f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


相羽建設株式会社はこちら
by ai-labo | 2014-04-03 08:39 | 中村 健一郎 | Comments(0)

パン屋の手紙

f0264759_1342438.jpg

こんにちは、中村です。
寒さがやわらぎ、目と鼻がムズムズしはじめ、春の訪れを感じる今日この頃です。そんなときは、花粉が届かない場所で読書をするのが良いですね。ということで、最近読んだ本をご紹介します。僕が好きな建築家・中村好文さんの「パン屋の手紙」という本です。

ある日、建築家の中村好文さんのもとへ、北海道でパン屋を営む神幸紀さんより、一通の手紙が届きます。「どうぞ私たちの夢、小さなパン小屋をお願いいたします。」そこから、好文さんと神さんの東京と北海道という遠く離れた場所での遠距離恋愛のようなパン屋作りが進んでいきます。。

最終的にはとてもとても素敵なパン屋さんが出来上がるのですが、パン屋が出来上がるまでの2人のやりとりが、実際に打合せで使われていた手紙やFAXを中心に描かれ、臨場感をもちながら話を読み進めていける本です。

読み終えて、、中村好文さんと神さん家族の幸せな関係に心が暖まり、僕もこんな幸せな関係をたくさんつくれるといいなぁとしみじみ思ったのでした。

f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


相羽建設株式会社はこちら
by ai-labo | 2014-03-20 14:08 | 中村 健一郎 | Comments(0)

ゆったりとした気持ちになれるとき

こんにちは、中村です。

11月も半ばに入り、ぐっと寒くなりましたね。
まだ秋を十分に味わっていないのに、冬が来てしまったな~という感じです。

話は変わりますが、9月末にNHKの朝ドラ「あまちゃん」が終わり、楽しみが一つ減ってしまったな、、と心にぽっかりと穴が空いていましたが、その後に続く「ごちそうさん」が徐々に面白くなってきました。あまちゃんよりは、先が予想できるベタな展開なのですが、それはそれで面白い。水戸黄門を見ているような安定感と安心感があります。出てくる料理が美味しそうなのも良いです。

また、ごちそうさんは今のところ明治終わり~大正にかけてのお話しで、舞台は東京から大阪へ移りましたが、当時の生活を伺い知れるのも面白いところです。台所で薪を燃やしてご飯を炊いていたり、浴衣を洗濯板で洗っていたり、もちろんコンビニやスーパーは無くて、市場で買い物をしていたり。

そんな昔の暮らしを見ていると、おおらかで、今の自分の生活よりも豊かなところがあるな~と思います。昔のほうが良かったよな~という話ではないですが、ごちそうさんのような暮らしを見ていると、ゆったりとした気持ちになれます。

そんなことを考えていたら、そう言えば、他にもそんな気持ちになれる場所があったな~と思い出しました。小金井市にある江戸東京たてもの園です。明治末~昭和初期の復元・移築された住宅や商店などを約30軒ほど見学できます。建築としても面白いですし、当時の暮らしぶりを想像できたり、竹馬など昔の遊びを体験できるコーナーがあったり、のんびりと過ごせる場所なので、お薦めです。

最後に、個人的な楽しみ方の紹介をしたいと思います。僕は建築の仕事をしているので、家や家具のつくり方なども見ていますが、まず第一は、なんかいいな~と思ったところを写真に撮ったり、眺めることにしています。その写真のいくつかを載せます。よく分からないものもあると思いますが、まったくの個人的なものなのでご勘弁を。

f0264759_10551219.jpg


f0264759_10553847.jpg


f0264759_1056257.jpg


f0264759_1057495.jpg


f0264759_1057188.jpg


f0264759_10573283.jpg


どうでしたか?よく分からなかったですか?
それでは、また次回お会いしましょう。


f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


相羽建設株式会社はこちら
by ai-labo | 2013-11-17 11:25 | 中村 健一郎 | Comments(0)