カテゴリ:中村 健一郎( 50 )

江ノ島散歩

こんにちは。設計部の中村です。
お盆休みに帰省した際に、奥さんの実家近くの江ノ島に行ってきました。
江ノ島は、真夏の日差しなんかではびくともしない若者たちと、ポケモンの捕獲に夢中なブリーダーたちであふれかえっているので、早朝の人がまばらで涼しい時間に散歩するのがお薦めです。自分にはあまり海は似合わないなと思っていますが、波打ち際の濡れた砂の上はふかふかと柔らかくて、サンダルを脱いで歩くと気持ちが良いものです。若干上がったテンションで貝殻も拾いました(また拾ってしまいました)。家に帰って、殻をきれいに掃除して、標本のように並べると、なんだかお洒落な感じだななんて自己満足していました。たまにはこんな時間も良いですね。
f0264759_10323178.jpg



f0264759_9295610.jpg







相羽建設設計部・中村





by ai-labo | 2016-08-16 11:08 | 中村 健一郎 | Comments(0)

ドリップスタンド

こんにちは。設計部の中村です。

7/31(日)に会社の加工場「AIBA WORKS」にて、「手しごとフェスタ」が開催されます。今年は「家族のテーブル」というテーマで、食卓に関わる道具を手づくりするワークショップをご用意しています。木のお箸、木のスプーン、木のコースター、木のドリップスタンド、木のこども椅子などなど。ご家族でも、大人だけでも、お一人でも楽しんで頂けるイベントになっていますので、ぜひご来場ください。詳しくはこちら

その中の1つをご紹介。木のドリップスタンドです。簡単に言うと、コーヒーをハンドドリップする際に使う台です。挽いたコーヒー豆をドリッパー(写真上の白いカップ)に入れて、ドリッパーの上からお湯をチョロチョロと注ぐと、ドリッパーの下の穴からサーバー(写真下のガラスの入れ物)にコーヒーがポタポタと落ちてくる仕組みです。手間はかかりますが、美味しいコーヒーを飲むことができます。ハンドドリップの詳しい方法はネットでお調べ頂くのが良いかと思います。

ただ、実はこの道具の組み合わせですと、サーバーの上にドリッパーを乗せてしまえば良いので、木のドリップスタンドが無くてもコーヒーは淹れられるのです。では、なぜドリップスタンドが必要かと言うと、①スタンドがないと使えないドリッパーがある、②サーバーの代わりにマグカップを使える。そして、隙間からどの程度コーヒーが入ったかを確認できる、③絶対必要なものではないけど、あったらコーヒーを淹れる時間を楽しくできるのではないか?、という理由があります。

どうでしょうか?あったら良いかな、と思ったら、ぜひ手しごとフェスタに作りに来てください。限定12名の予約制のワークショップとなりますので、こちらにご連絡を。私、ドリップスタンドの担当なので、お待ちしてます。

f0264759_15192102.jpg


f0264759_9295610.jpg







相羽建設設計部・中村


つむじ宿「浴衣で夏を楽しもう」(2016/7/14開催)

AIBA家づくり学校(2016/7/17開催)




by ai-labo | 2016-07-13 10:00 | 中村 健一郎 | Comments(0)

とうもろこし

こんにちは。設計部の中村です。
昨日、つむじ市を通してつながりのある東村山市内の鈴木農園さんより、採れたてのトウモロコシを購入しました。新鮮なうちに頂こうと思い、家に帰って早速茹でてみました。と、その前に、生で食べても甘いと聞いていたので、少しだけかじってみましたが、確かに甘い!これは茹でたらもっと美味しいだろうなと思い、塩水で茹でること10分(このとき皮を少しつけたまま茹でると良いと書いてある料理サイトがあったので、そのようにしてみました)。火を止めてそのまま塩水に浸けること10分。水を流して、少し熱いですが皮を取ったら完成です。味は・・・甘さと適度な塩気と、シャキシャキした食感がたまらない、、あっという間にたいらげてしまいました。新鮮な野菜の味の素晴らしさを感じたのでした。
f0264759_15161542.jpg

f0264759_9295610.jpg







相羽建設設計部・中村


つむじ宿「浴衣で夏を楽しもう」(2016/7/14開催)

AIBA家づくり学校(2016/7/17開催)



by ai-labo | 2016-07-09 15:46 | 中村 健一郎 | Comments(0)

室内植物はじめました。

こんにちは。設計部の中村です。
最近は家の中に緑を置くことに興味をもっています。数年前から雑貨屋さんで多肉植物やエアプランツといった室内用の小さな植物を多く見かけるなぁと思っていましたが、なんとなく興味をもちつつ、買うには至りませんでした。自宅を国立市の団地に引越しして、緑が身近になったのと(僕の住んでいる団地には緑がたくさんあります)、仕事の中でも植物のことを考える機会が多くなってきたこともあり、家の中でも何かできないかなと思っていました。そんなときに、つむじの造園で関わって頂いた造園デザイナーの小林賢二さんが手づくりの器に植物を植えているのを見て、インスパイアされて(真似をして)、無印良品の食器に植物を植えてみました。植物はセダムの一種なのか、苔の一種なのかよく分かりませんが、団地内の木の根元にたくさん生えていたものを家に持ち帰ってきました。移植後はヘタっとしてましたが、陽に当てて、水やりをすると、すぐに元気になりました。朝起きたとき、家に帰ったとき、なんとなく気にかける存在になっています。

f0264759_7581721.jpg


f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


「モノを“素敵に”仕舞える家」完成見楽会(2016/7/2-3開催)

つむじ市(2016/7/2開催)

相羽建設株式会社はこちら
by ai-labo | 2016-06-27 09:00 | 中村 健一郎 | Comments(0)

石の兄弟

こんにちは。設計部の中村です。
つむじドミノモデルハウスの中に住む石たち。多摩川から引っ越してきた方、遠く福岡から引っ越してきた方もいます。故郷を離れて、ペーパーウェイトとして、置きものとして、ときには、コートや荷物をかけるフックとして、石たちは活躍しています。つむじで彼らを見かけたときは、そっとさわったり、撫でてあげると喜ぶと思います。
f0264759_08121499.jpg
f0264759_08123252.jpg
f0264759_08122386.jpg
そんな石たちを見ていたら、自宅にも彼らのような存在がいたらいいなと思いはじめました。そんなときに海に近い場所に行く機会がありました。早起きして海岸沿いを歩いていると、ころころと丸い石があちこちにおりました。しばらく石たちを眺めていると、手のひらサイズの黒い溶岩のような丸い石が目にとまりました。よし、この子を家に連れていこうと思い(なんだか誘拐しているみたいですね、、)、だけど、1人じゃ寂しそうだから、兄弟を見つけてあげようと思い、同じ手のひらサイズの白い石を見つけました。ちょうど白と黒でぴったりだなと思いながら彼らを家に連れて帰りました。
f0264759_08124380.jpg
いまは自宅の玄関収納の上に居を移した彼ら兄弟。近所で拾った松ぼっくりと吉田次朗さんのやじろべえと共に「いってらっしゃい」と朝送り出してくれ、「おかえりなさい」と出迎えてくれています。


f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


「パッシブエアコンの家」構造見学会(2016/6/25-26開催)

相羽建設株式会社はこちら

by ai-labo | 2016-06-14 09:49 | 中村 健一郎 | Comments(0)

もののはずみ

f0264759_07244455.jpg

こんにちは。設計部の中村です。
電車での通勤時間はiPhoneでネットニュースを見るというのが定番になっていましたが、今日は家を出るときに、ふいに文庫本を持っていこうという気になり、本棚から1冊の本を手に取りました。数年前に買って、数ページ読んで本棚に埋もれていた本(堀江敏幸さんの「もののはずみ」)。短編のエッセイなので、電車で読むにはちょうど良いかなと。この本は、作家の堀江さんのモノの好みや出会ってきたモノたちとの想い出が書かれています。最初の話の中で、「・・・しかしそこにはひとつ、はっきりとした好みがあった。自分と同時代に生まれたきらびやかなものではなく、また極端に古くて実用に耐えないものでもなく、以前は良く見かけたけれど、最近ではすっかりすがたを消してしまった、ほんのちょっとむかしの製品のほうに関心があったのである・・・」という文章があり「あっ、それすごい分かります、うんうん」と心の中で相槌をうちました。以前に読んだときには、あまり印象に残らなかったのですが。おこがましいですが、自分と同じような感覚の人がいるんだなと思うと何だか嬉しいですね。こういう出会いがあるので本を読むのは楽しいですね。という、今日のできごと。


f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


「土間で火を囲む家」完成見学会 (2016/6/4-5開催)

相羽建設株式会社はこちら


by ai-labo | 2016-05-24 19:54 | 中村 健一郎 | Comments(0)

葉っぱを裏から眺めると、、

こんにちは。設計部の中村です。
暖かい季節になり、つむじの緑はすくすくと成長しています。
ちょうどお昼頃、太陽の光を浴びた葉っぱたちを裏側から眺めてみると、、
こんな感じで太陽の光に透けるきれいな葉っぱの様子を見ることができました。
f0264759_16535073.jpg
f0264759_16540009.jpg
f0264759_16541117.jpg
f0264759_16542172.jpg



f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


相羽建設株式会社はこちら


by ai-labo | 2016-05-13 07:00 | 中村 健一郎 | Comments(0)

アレマンニャ

f0264759_16535744.jpg
f0264759_14451884.jpg

こんにちは。設計部の中村です。
先日、あいらぼの椿さんの設計した西国分寺駅近くのアレマンニャへ伺ってきました。住宅をリノベーションしたお店で、手づくりの美味しいソーセージと自然素材のやわらかなお店の雰囲気が合わさって、とても素敵な場所でした(お店の様子は実際行ってからのお楽しみ)。また、窓からは中央線・西国分寺駅のホームを見下ろせるので、電車好きのお子さんにはたまらない場所でしょう。ぜひ1度お立ち寄りを。


f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


相羽建設株式会社はこちら


by ai-labo | 2016-04-26 14:55 | 中村 健一郎 | Comments(0)

筍ごはん

f0264759_23572843.jpg

こんにちは。設計部の中村です。
お客さまより筍を頂いたので、筍ごはんを作ってみました。
せっかくなので、出汁の素ではなく、昆布と鰹節でとった出汁を使いました。筍の香りとシャキシャキした食感、自分で作った達成感、春の恵みを美味しく頂きました。


by ai-labo | 2016-04-13 00:13 | 中村 健一郎 | Comments(0)

「多摩産材を使った家づくりコンクール」にて優秀賞を受賞!!

こんにちは。
設計部の中村です。

担当させて頂いた国分寺市・N様邸が、東京都主催の「多摩産材を使った家づくりコンクール」にて優秀賞を受賞しました!「本と緑とゆったりカフェのような暮らし」というテーマで設計を行った、お客様の好きな本、窓から見える庭の緑、自然素材や多摩産材の構造材に囲まれた、やわらかでゆったりとした暮らしができる住まいです。受賞の内容はこちら(東京都HP)

f0264759_13171777.jpg

相羽建設の住宅は国産材を構造材の多くに使用しています。とくに、木造ドミノ住宅では多摩産の杉材を構造材として、地産地消の家づくりを行っています。また、地域の山の木を使うことで、地域の山で働く人を応援することになり、地域の製材所で働く人を応援することになります。そういった家づくりを、少しでも知ってもらえる機会になれば良いなと思います。


f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


相羽建設株式会社はこちら

by ai-labo | 2016-02-24 13:51 | 中村 健一郎 | Comments(0)