日頃の無垢フローリング

こんにちは。
設計部の藤村です。
今日はとてもいい天気!家の中より外へ出ると気持ちよさそうですね
さて無垢フローリング、
一年ほどお住まいになったお客様宅へ伺うと、色もつやも味が出てきていました。
新築工事中の当時、施工したフローリングは、木の表面から内部へ浸透する天然のオイルが塗られています。木の表面をしっとりとさせ、木本来の質感が出るもので、コーティングはしないものになっています。
お住まいになられると、だんだん傷もついたり日当たりなど色の違いが出てきたりし、自然塗装がうすくなってきます。

日頃のお手入れは、というと、
①床を拭く場合は、乾いた雑巾で拭く
②板の間のゴミは、掃除機で取り除けなかった分は、つまようじなどで取り除く
その他のフローリングと同じで汚れをためないで落とすこと。

また、大掃除では、
①掃除機でゴミを取り、固く絞った雑巾で拭く
②自然塗装のメーカーが販売している専用のクリーナーで汚れを落とす。
③最後に乾いた雑巾で乾拭き

こうしてまた自然塗装が施されて、あたたかな床になっていきます。
モデルハウスでは、実際に歩いた感触や印象を体感いただけます。
相羽建設では、パイン材や杉材によって塗装をオスモワックスと蜜蝋に分けているので、
内容はほぼ同じですが、それぞれのお手入れ道具を分けておススメしております。
住まい手さんには一年点検の際にお渡ししている、お手入れレシピに掲載していますので、チェックしてみてください。

また、お住まいでなかったとしても、相羽建設のアプリにお手入れレシピも追加されていきますので、お楽しみに!
相羽建設アプリダウンロードはコチラ↓
f0264759_12175217.jpg
あいばの不動産-まちづくり、ひとつなぎ-


# by ai-labo | 2017-04-23 12:32 | 藤村 志津 | Comments(0)

飛び出す家

設計部の城丸です。

先日、毎年恒例となった
こども工務店が開かれました。

家づくりの関わる職人さんの仕事を
こども達に体験してもらうイベントで
私達設計部も
建築家のお仕事体験として
参加いたしました。

今年は、紙という平面から
設計通りに折りたためば立体が完成する
「飛び出すお家」にしました。
f0264759_19373314.jpg

これは試作品


当日は、色紙をつかって
とてもかわいらしいお家を
つくってもらいました。
f0264759_1938455.jpg


来年は、また違った
建築家体験をしてもらえるように
頑張っていきたいと思います。


相羽建設のイベント情報
イベント情報はこちら
# by ai-labo | 2017-04-21 19:43 | 城丸 智也 | Comments(0)

アケビの花


こんにちは、設計部の中村です。
暖かい季節になり、つむじの中に色々な花が咲いています。
この時期は白い花が多いように感じますが、つむじ入り口の巣箱の柱に紫色の花が咲いていたので、何だろうと見てみると、柱に巻きつけたアケビが花を咲かせていました。

f0264759_15051170.jpg

下の写真がアケビの花です。花の中央が複数の棒状になっていて、面白い形をしています。右隣のものはこれから開くのか、時期を過ぎてしぼんでしまったのかなと思いましたが、よく見てみると違うものなんです。調べてみると、棒状のもの(写真中央左)が雌花、くるっと丸まっているもの(写真中央右)が雄花で、雄花の花粉が雌花の先端に着くと受粉するそうです。こういうことって小学校で習った気がするのですが、すっかり忘れていました、、

f0264759_15071076.jpg
f0264759_15192523.jpg
雌花のアップ(指で挟んでいるだけですよ、、)

花をまじまじと見ることって、お花見で桜を見るくらいですが、それぞれの植物の形や色があって面白いですね。つむじには色々な植物がいるので、今後も注目していきたいと思います。




f0264759_9295610.jpg







相羽建設設計部・中村




# by ai-labo | 2017-04-18 23:51 | 中村 健一郎 | Comments(0)

使い勝手の個性

工事中のお家をちらと覗いてみると、
あちらこちらに大工さんのカスタマイズが見られる。

あるひとは「おやつセット」をがっちりと据え置き、
またあるひとは工房みたく、様々な道具なんぞをずらりと吊るしてみたり。
はたまたすぐには使わないものの、
今という時にすぐ手が伸びる位置に部材置きを組んでみたり。
f0264759_17362521.jpg

こうした何気ないものの中に大工さんのこれまでの年月が染みついている。
それぞれの大工さんのこれまでを感じるのもまた、
工事中の現地に赴く醍醐味であったりする。
# by ai-labo | 2017-04-14 10:00 | 菊池 潤 | Comments(0)

草むら

f0264759_19093756.jpg
キッチンのカウンターへ目をやると
窓ごしに緑が広がっています
よくみると猫じゃらし達
キッチンがあるのは2階なので、少し離れた地面に目がいきます
意図しての関係性かはわかりませんが、何気ない風景も素敵になるものです
空間に身を置いてこその発見に心が踊ります



# by ai-labo | 2017-04-11 19:08 | 松本 翔平 | Comments(0)