お供の決め手

細部でディテイル。
決め手はやっぱり、そこ。

例えば、飲むための水を手に入れるとする。
水道でいいならば、ただ。(水道代なんてツッコミは無粋。)
某ロハスは確か、108円。
何たらかんたら法で抽出した何とか水、某石井さんにて○○千円。
そのお水に何を求めているか。
55mlのボーナスか、イレモノの雰囲気か。
硬い軟いの味か、安全の文言か。

では今度は家具の場合。
これから、そいつとどれほど付き合っていくのか。
どのように寄り添っていきたいのか。
なるほどすっきりした佇まいで、且つ
うちを叩いてくれたあの人の拵えたもの。

なんだか仲良くできそうだ。


f0264759_19293920.jpg

by ai-labo | 2017-11-10 19:41 | 菊池 潤 | Comments(0)