地元愛が高じて

黄色い私鉄電車に一切乗らない生活を送る人々は
東村山にどのようなイメージを持つのだろう?
恥ずかしながら僕は大学を卒業するまでこの地を存じ上げなかった。(こっそり)

そんな中、
わが社には東村山愛がぼうぼうと燃え盛っているスタッフばかりがそろっている。
もうこっちの身が焼け切ってしまうと心配するほど。

f0264759_212973.jpg


その「ぼうぼう」が高じてこんな展覧会はじめます。
▼郊外のすゝめ展
http://kougainosusume.jp/

暮らす場所を決めるうえで重要なのは
何も「ターミナル駅へ急行○駅○○分」の文字だけではない。
ターミナルからはちょっと離れているやもしれないが、
ここらだってこんなに良いところじゃない。

そんなあれやこれやを提案する会でございます。
日頃お付き合いのあるKoizumi Studioさんを筆頭に
あんな方やこんな方とともに。
大都会新宿の真ん中にて提案します。

期間中は一度ならず二度以上はお出でください。
by ai-labo | 2017-02-28 21:31 | 菊池 潤 | Comments(0)