既存の柱

こんにちは。設計部の藤村です。

今日は、経堂で行われているリフォームの工事現場に行き、電気配線等の確認をしていると、
大工さんがお昼休憩を終えてやってきました。
f0264759_15103462.jpg
これは既存柱が少しねじれていたので、他の柱の面と合わせているところ。
カンナがけをし、縦横揃うようにしています。
新たに入れた間柱が多くあり、既存の柱はそれと揃わない箇所があったので、一つの壁を作る為に調整をしました。
1本1本、確認して、手作業で調整していき、面材がこの上に貼られるところです。

大きな材料を運び入れたり、
大工さんがもくもくと作業している間に、
少しずつだったかんなくずがわんさかになっていました。
手しごとがさらに進められていると「もう少しでボード貼り完了だ!」
ひとり言も大きな声。
リフォームの現場では、新しいものと既存のものが混在されるので、両方を合わせる作業に多く時間をかけるところは
新築とは違った手仕事の時間だと思いました。





by ai-labo | 2017-01-31 15:32 | 藤村 志津 | Comments(0)