思考が停止

人は、自分の目で見たものが真実であると思い込む。
そして脳内で導き出したその答えが正しいものであると認識する。
そこにはある種の絶対性が存在していて
一切の吝嗇を付け入れさせまいと強固に壁を築く。
もしその壁に何者かがナイフを突き立てようものなら、
ありとあらゆる手段で防衛するだろう。
自身の絶対性が崩壊の危機に瀕してしまうからだ。

先日の深夜ごろ、僕は実家に帰った。
実家のマンションは子育て世代が多く、すでに静まり返り物音もない。
エレベーターに乗ろうとボタンを押しかけたその時、視線を感じる。
エントランスを見ても、他に帰宅してきた人の姿はない。おかしい。
反対に廊下の奥に目をやる。

そのとき目線の隅に影を認める。
それの背丈は150cmに満たない。ということは子どもか?
なぜこんな時間に。しかもこちらを覗き込むように。
まさか閉め出されてしまったのか?恐る恐る近づいてみる。

数歩近づき、思わず息を詰まらせる。
それの腕は極端に短い。首も奇妙に傾いでいる。
そして何よりもそれの全身は、黒い。

え?いやいやいや、こども。あれはこども。
まさか。そんな馬鹿な。ないないない。

近づかないほうがよいのでは?と警鐘が鳴る。
しかし歩みは止まらない。
とうとう3mまで近づき、それの全容が見えてしばらく思考が停止する。
f0264759_950882.jpg

それは、ままちゃりであった。
by ai-labo | 2017-01-29 10:00 | 菊池 潤 | Comments(0)