滝山団地リノベーション

こんにちは。
設計部の中村です。

今回は私が担当させて頂いた団地リノベーションのご紹介です。リノベーションしたのは東京都東久留米市にある滝山団地の1室。この団地には、賃貸と分譲があり、分譲の1室を会社で購入し、相羽建設らしいリノベーションをして販売するというプロジェクトです。最近では戸建にしてもマンションにしても新築にこだわらず、リフォーム、リノベーションという方法で住まいをつくるかたが増えてきています。とくに団地は築年数50年近くのものが多いようですが、建物と建物の間の空き地が大きくとられているので日当たりが良く、空き地には長い時間の中で育った大きな木がたくさんあるので、自然が豊かな環境になっているのが魅力的です。大きな団地ですと、敷地内に歩行者用の通路や公園があるので、小さなお子さんが遊ぶ場所としても良い環境です。

f0264759_10333294.jpg

さて、購入した団地ですが、リノベーション前はこんなお部屋でした。以前に住んでいた方が一部水廻りや床などをリフォームしてはいましたが、このまま住むにはちょっと、、、という状態。ただ、この状態からどれだけ素敵な住まいにできるかがリノベーションの面白いところです!
f0264759_10152531.jpg
LDK(before)
f0264759_10163237.jpg
寝室(before)
f0264759_10191708.jpg
洗面(before)

そして、購入してから、社内でいろいろなことを検討し、設計期間や工事期間を経て、、、こんな住まいに生まれ変わりました!
床はパイン無垢材、壁・天井は珪藻土、窓枠や建具枠に無垢木材、大工さんや建具屋さんの手づくりの家具や建具、相羽建設の職人さんが得意とする仕事で団地がやわらかく明るい住まいになりました。リビング南側の窓からは、大きな桜の木も見えて眺望も抜群です。
f0264759_09401786.jpg
LDK(After)
f0264759_09405561.jpg
寝室(After)
f0264759_09412489.jpg
洗面(After)

さらに、こんなものも作ってみました。部屋のような家具のような、大人がちょっと籠って自分の時間を過ごす場所。この団地では、裁縫が好きな奥様のための場所としてつくりました。「Saiho Hut」(裁縫小屋)とでも呼んでおきましょうか、、中に入ると、ミシンや縫い物を行うためのカウンター、布などの材料や道具を収納する棚があります。ハコをつくって、机と棚をつけただけの簡単なつくりですが、こんな場所が家の中にあったら、わくわくしませんか?
f0264759_09415560.jpg

f0264759_09422598.jpg

この団地、モデルハウスではなく、ただいま販売中です!
2015年12月5日(土)6日(日)と現地にて内覧販売会を行っていますので、ご興味ある方はぜひご覧になってください。
内覧販売会の詳しい案内はこちら

f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


相羽建設株式会社はこちら

by ai-labo | 2015-11-26 11:22 | 中村 健一郎 | Comments(0)