ボールのようなことば。

こんにちは。
設計部の中村です。

今日は本のご紹介。
糸井重里さんの「ふたつめのボールのようなことば。」です。糸井さんは、コピーライターであり、毎日更新されるwebサイト「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」を主宰している方です。ほぼ日の中には、今日のひと言的なものから、何回にも渡る対談など日々様々な読み物が更新されています。その中でもとくに、糸井さんの日記と対談が好きで、ほぼ毎日見ています。糸井さんの文章は、クスッと笑ってしまったり、なるほどと妙に納得してしまったり、ハッとして自分を揺さぶられるような事があったり、日々小さな刺激をもらいつつ、そして飽きずに毎日読める、なんというか家庭料理のような(なんて言ったら怒られるかもしれませんが、、)ものなんです。
f0264759_15283801.jpg
僕にとってはそんな感じの糸井さんの短く小さな言葉がたくさん詰まった本。毎日ちょっとずつ読んでいます。なんだかよく分からないような文章もありますが、ところどころその時の自分の気持ちに引っかかってくる言葉があります。こんな風に考えたほうがいいよな~、やっぱりこういうこと大事にしないとな~、この言い回し面白いな~、などなど。内容についてほとんど分からないと思いますが、、糸井さんやほぼ日好きな人には、お薦めです。
f0264759_15285218.jpg
じつはこの本、糸井さんの直筆サイン付き。
たまたま本を買いに行ったら、サイン会をやっていて、ミーハーだなぁと思いつつサイン頂きました。ついでに一緒に写真も撮って頂きました。中央のメッセージは、いくつかあるものの中から選ぶのですが、仕事や家庭やいろいろな場面で、もっともっと体を動かして汗をかいていこう!と思い、これにしました。

糸井さん、はたらきます!



f0264759_9295610.jpg







相羽建設設計部 中村


相羽建設株式会社はこちら

by ai-labo | 2015-08-07 16:48 | 中村 健一郎 | Comments(0)