Let's Plan!

相羽設計部の城丸です。

先週末は、相羽設計部主催の家づくり学校。その名も
「Let's Plan」マイホームのプランを考えよう! を開催しました。

実際にホワイトボードを使って、中村君にライブ講義をしてもらいました。
f0264759_21195545.jpg


今回のポイントは2つ。
「敷地を読む」と「抜けを作る」

「敷地を読む」は、
建物が建った時、その周りの環境をどう上手に活かせるか、
新しく出来た住まいが、周りにどんな影響を与えるのかなどを考え、
住む人、ご近所さん、自然などを どううまく繋げるようにできるかを感じ取る事。
建築家の中には、敷地からの声を聴く。なんて表現をする方もいます。

「抜けを作る」は、
太陽の光や風、視線などが、出来るだけ遮らないようにする工夫。
窓の位置関係や、部屋の取り方、どう見えるかどう見通せるかなどを考えて
極力よけいなものを無くした開放的な家を設計する手法です。
そのような間取りの事を広がり間取りと呼ぶ人もいます。

今回はその2つをテーマに、実際にパズルを使ってプランをして頂きました。

f0264759_21295173.jpg

f0264759_21293822.jpg


真剣にプランを悩まれる皆様を見て、住まい作りの要望を整理する機会にすこしでも
お役に立てたかなと安堵するとともに、設計することの楽しさを実感できました。 楽しかった!

f0264759_214244100.jpg



次回の設計部主催のイベントは何がいいかな~・・・



建築家が行う暮らしの学校は、只今あーだこーだと思案中 今年もたのしいイベントをご用意して
建築ってたのしい!と感じていただけるようにがんばっていきます。お楽しみに!

8人の建築家 あいらぼ
by ai-labo | 2015-01-27 22:07 | 城丸 智也 | Comments(0)