設計者のマストアイテム

こんにちは。設計部の城丸です。

今回は相羽建設設計部のマストアイテム
ノギスについてご紹介いたします。

ノギスとは、物の厚みや広さを測る定規のようなものです。

建物などを見学した時に、この部材の厚みはどのくらいか、
この溝の幅はどのくらいかを感覚ではなく、しっかり数値として
とらえるため、ポケットに忍ばせておきます。
f0264759_20563854.jpg



このノギスという計測器。じつはすごいんです。
0.1ミリ単位で計れます。
f0264759_20592115.jpg


大きなメモリで、ミリ単位を測ります。
この部材の厚みは25ミリ。

ミリ単位以下を計るのは。
f0264759_2112572.jpg

この第2のメモリ
本体のメモリとこのメモリの線が揃うところが、
0.1ミリ単位です。
写真では見難いとは思いますが、7の線が本体の線とそろっています。

この2つのメモリをつかって、25ミリと0.7ミリで25.7ミリ。
これが、この部材の厚みです。
こ、バーニヤ目盛(副尺)測定といわれているもので、
昔は、敷地を計る測量などにも使われていた図り方です。

物の厚みは、設計者にとって見え方にも影響する大切な要素です。

最適な寸法をしっかり判断できるように、日々勉強していきたいと思います。







8人のケンチクカ展

日付:8月24日(日)~31日(日)
時間:10:00~17:00
会場:あいばこ…東京都東村山市栄町3-2-5-1F
*お好きな時間にお越しください。
*24日(日)と30日(土)はあいらぼメンバーによる公開プレゼンあり! (15:00~)
建築家ブループ「あいらぼ」8人による展示会を開催!
実在する変形三角敷地に、それぞれのアイデアがいっぱいつまった、図面と模型を展示。
同じ敷地でプランって変わるの?個性あふれるメンバーの発表をお楽しみに♪
あいらぼの日々の活動紹介や、個人の人柄がわかる「小物展示」まで、
大人も子どもも楽しめる要素がたくさん!

ケンチク力展のご案内
by ai-labo | 2014-07-29 21:15 | 城丸 智也 | Comments(0)