TTTTTTTTTT

こんにちわ。
設計部の菊池です。
だんだんあったかくなってきましたね。
この時期は昼は芝生でごろごろと。
夜はお風呂上がりにぷらぷらと散歩。
したいのですが、
いい感じの芝生が見つかりません。

先週、代官山近辺に久々のお出かけをしてきました。
中学、高校の最寄駅が代官山だったので
いつぞやの登下校の思い出がフラッシュバック。
せっかくの立地にも関わらず
当時は制服を着た高校生が
ふらつける雰囲気ではない上に
見張りの教員がネズミ捕りをしていたので
まったく代官山には詳しくなかったりします。

f0264759_15424911.jpg

フリークライミングしたくなりますね。

大学の卒業制作の時に机が近かった3人でふらふらと。

この卒制の机の並びが、かなり理想的な配置だと
今になって思うのです。

いつも目が合わずにリラックスできる座席位置。
流れるような導線。
作業しながらおしゃべりできる距離感。
廊下ゆえに室内ほどうるさくならずストレスフリー。
中心部にはお菓子やカップ麺のほかに
コーヒー好きの子による豆とミルとケトルと
牛乳とキャラメルシロップを配置。
ゴミ捨てや素材置き場などのルールの徹底化。
机の下には新聞紙と発砲スチロールを
敷いた快適なお昼寝空間。
カッティングマシンもA3プリンターも完備。
合言葉は「21時は始まりの時間」。

f0264759_20105238.jpg


いかがでしょう。
最初に模型を積み上げた奴が
残る二人から崩しちゃうぞ?と脅されることから
通称「賽の河原」。
大学の規則でこの場に泊まりNGだったのが残念です。
若干散らかっているのは提出日当日の朝だからです。

相羽建設新社屋の計画の際には
細長い部屋を作ってこの配置、
どうでしょう?
by ai-labo | 2014-07-14 20:15 | 菊池 潤 | Comments(0)