ものつくり

こんにちわ。
設計部の菊池です。
電車で新宿に来ると
あっちのホームに成田エクスプレスが。
自宅付近のモスバーガーでお勉強していると
横の通りをリムジンバスが。
なんてことでしょう。彼らが僕を誘惑してきます。
許せません。

最近はまっっったくお出かけ出来ずにいるので、こちらのネタを。

相羽建設に入社する直前に倉敷を訪れました。
と言うのも美観地区、よりもカモイ製紙を訪れたかったのです。
最近の女の子がこぞって買っている
あのマスキングテープ「mt」を作っている工場です。
こちらの工場の見学ツアーに運よく当選したのです。

大学3年の冬、時期は就職活動真っ只中。
同期の頭が黒髪になり短髪になり、の時期に
TNA / 武井誠+鍋島千恵 という設計事務所の
オープンデスクに3週間ほど通っていました。

TNAにて担当した模型製作は3物件。
・GA Galleryにて開催された「GA HOUSE PROJECT 2013」に
 出品された住宅模型(1/50のモルタル製!!)
・世界遺産となった富岡製糸場の最寄駅、「上州富岡」駅
そして今回訪れた
・「カモイ製紙第2製造工場倉庫」
でした。

この建物は製造したマスキングテープをパッキング、保管する場所で、
今回の様な見学ツアーに対応できる様に元あった倉庫を
リノベーションしたものになっています。
(とはいえ骨組以外は総取り換えなのですが。)

3週間の間、ゾンビと化して製作したものの実物が見れるとは!
どれほどのカラースプレーを吸い込んだことか。
何度ブレースに泣かされたことか。
何度イタリア製のポリカーボネートに苦戦したことか。

いざ実際に訪れると、、、
あのシルバーだ!
入ってみると、、、
あの収まり、あのガルバリウム、あの建具!の連続でした。
全部実物になっている!
これだからモノ作りはやめられないのでしょう。

f0264759_20214759.jpg



あの感動をこれから何度でも。
by ai-labo | 2014-06-30 20:28 | 菊池 潤 | Comments(0)