大工の手

こんにちは、中村です。
今年の花粉はたいしたことなかったなぁ、なんて思っていたら、昨日から鼻がムズムズしはじめました。ヒノキ花粉でしょうか。皆さんもお気をつけください。

さて、今日はdaikunoteという活動のご紹介をさせて頂きます。相羽建設は、家具デザイナーの小泉誠 さんとdaikunote (大工の手)という家具づくりを行っています。この家具は「大工の手」という名前からも分かるように、大工さんが作る家具なのです!

・・・で、大工さんが作る家具ってどういうこと?と思われるかもしれません。一般的には、大工さんは家を建てますが、家具まで作るイメージは無いかもしれません。家具は、新築時にカタログから選ぶものだったり、家具店やホームセンターで買うものとイメージする人が多いかもしれません。相羽建設では、注文住宅を行っている中で、棚やカウンター等をお客さんの使い方に合わせて設計し、大工さんが手作りしています。逆に言えば、家具まで作れる大工さんに家づくりに関わってもらっています。そうした大工さんが作る家具は、既製品の家具を買うより、手間がかかります。量販店の家具に比べれば、お金もかかるかもしれません。でも、手仕事だからこその良さもあります。

また、現在の大工さんを取り巻く状況は決して恵まれているとは言えません。家具まで作れる、木を扱える技術があるのに、その腕を活かす場がどんどん減ってきています。大工さんになろうという若い人も減り、技術の継承も危ぶまれています。

それではいかん!ということで、もっと手仕事の良さを知ってもらおう、皆で私たちの生活の基盤をつくってくれている大工さんを応援していこう、という想いで、この活動をはじめました。そして、私たちの想いや大工さんの技術だけでなく、きちんとデザインされたものとして作っていこうということで、小泉誠さんにデザインをして頂いております。

そのdaikunoteの家具が形になりまして、お披露目をしましょうということになりました。4/19(土)に青山のライトボックススタジオ で展示を行います。14時より小泉誠さんのトークショーもありますので、興味のある方、お近くに用のある方、見に来てくれたら嬉しいです。

展示会の詳細はこちら
http://www.wazawaza.or.jp/ 

f0264759_16550070.jpg



f0264759_9295610.jpg
相羽建設設計部 中村


相羽建設株式会社はこちら




by ai-labo | 2014-04-17 18:07 | 中村 健一郎 | Comments(0)