プレカット工場見学

設計部の城丸です。

相羽建設で良く使われる柱、梁の構造材は、
和歌山県産材と埼玉県産材。

プレカットで製材されたものは、建て方等、現場で良く目にするのですが
実際に育っている山やプレカット工場を見る機会は
なかなかチャンスがありません。

そこで先月、営業から設計、工事の人と共に
和歌山のプレカット工場 山長商店さんへ勉強をしに行ってきました。
f0264759_7403084.jpg


f0264759_1728212.jpg

綺麗に植林された紀州材の杉。
一般的に1ヘクタール当たり3000本を植林する所、
5000本密に植える事で育ち過ぎるのをおさえ、
年輪が細かな良質な材になるそうです。



プレカット工場内も視察。
f0264759_7382035.jpg

f0264759_7424265.jpg



自分達が使っている構造材について
選別や強度・含水率の測定などを実際に見る事で、
より深く、より身近に感じる事ができました。

柱に印字してもらう金型もありました。 なんかうれしい!
f0264759_739360.jpg

山長商店さん、いろいろ勉強させてくれて、ありがとうございました。




相羽建設では、定期的に森林バス見学会を行っています。
構造材で使われる材料を知る事で、住まい造りが
もっと楽しくなるのではないでしょうか?
イベント案内
by ai-labo | 2013-05-20 17:43 | 城丸 智也 | Comments(0)